積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ティモシイ・ザーン『スター・ウォーズ 過去の亡霊(上)』

スター・ウォーズ 過去の亡霊〈上巻〉 (ソニー・マガジンズ文庫)スター・ウォーズ 過去の亡霊〈上巻〉 (ソニー・マガジンズ文庫)
ティモシイ ザーン Timothy Zahn

ソニーマガジンズ 1999-10
売り上げランキング : 616924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
そろそろ新共和国に使者を送る潮時だと伝えるがいい
降伏の条件を話し合うために

“エンドアの戦い”から15年、今やほぼ壊滅状態にある帝国の残党は、ふたつに割れていた。屈辱に耐え、降伏して反撃の機会をうかがうか、内紛の絶えない新共和国の自滅を待つか。折しも、かつて新共和国に多大な脅威を与えたスローン大提督が復活した。死んだはずのスローンが、今なぜ……? 多くの謎をはらみつつも、帝国軍は覇権奪回に向けてにわかに活気づく。


「ハンド・オブ・スローン」二部作 第1作、上巻。
 およそ10年以上ぶり(日本語正しい?)の再読です。当時はまだ「スター・ウォーズ」のスピンオフを読み始めたばかりの頃で、スローンやらボサンやら言われても何のこっちゃ状態で読み進めていましたが、それなりに「SW」知識を身に付けたいま改めて手に取ってみると、これがオールスターキャストでとにかく盛り上がる。

 時は『EP6』の15年後、弱体化する帝国の現状を見兼ねた帝国軍最高指揮官のペレオン提督は、モフたちを説得し、遂に新共和国との和平を結ぶ道を決断する。一方で、内部で火種が燻る新共和国では、かつて行われた皇帝によるカーマス虐殺にボサンのグループが一枚噛んでいたいた事実が急浮上。ただでさえ嫌われ者のボサンに対し、人々は紛糾し、怒りも露わに報復を訴えます。その機に乗じて、和平交渉に反対する帝国側の工作員が巧みに民衆を扇動。銀河に暴動の火種をバラ撒くと同時に、スローン復活という“希望”をちらつかせ、新共和国に対し最後の戦いに挑む――。
 当事者であるカーマスの意見を置き去りに、世論だけが過熱し、怒りの感情がパンク寸前にまで膨れあがっていく危うさは現実の社会問題、国際問題とさほど変わりなく、それだけに非常にリアルでスリリングです。

 また、和平交渉を進めようとする帝国の良識派、妨害工作を企む和平反対派、突如として明るみに出たカーマシ・ドキュメントの対応に苦慮するレイアたち、暴動寸前の銀河市民、謎の言葉「スローンの手」の秘密に迫る密輸業者のタロン・カード、海賊船に乗っていた出自不明のクローンの行方を別口で追うルーク etc……、様々な場所でそれぞれの人が、別々の思惑と行動の下、共和国と帝国との和平条約締結という決着点に向けて奔走する姿を眺めるのは、映画『EP4』以前からさんざん繰り広げられてきた両者の戦いが終焉を迎え、ひとつの時代に区切りをつけるまさにその瞬間に立ち会っているかのようで、言い知れぬ高揚感、臨場感を味わえます。
 これぞ、何百年、何千年もの歳月をサーガとして描く「SW」の魅力ですね。できれば、数々のスピンオフ群によって編まれたこの大河としての本流も、新作『EP7』で壊さず踏襲していって貰いたいものです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析