積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

霞流一『夕陽はかえる』

夕陽はかえる (ハヤカワ・ミステリワールド)夕陽はかえる (ハヤカワ・ミステリワールド)
霞 流一 小塚 麻衣子

早川書房 2007-10-05
売り上げランキング : 636595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
プロの暗殺組織〈影ジェンシー〉で実務を手掛ける〈影ジェント〉の一人、〈カエル〉が不可能状況で殺された。明らかに同業者の手口。同僚の瀬見塚は、〈カエル〉の遺族の依頼で真相を追う。だが、〈カエル〉の後釜を狙う〈影ジェント〉たちが瀬見塚に刃を向け、彼らの怪奇を尽くした決闘の応酬は〈東京戦争〉と呼ばれるほどに発展していく。殺し屋による殺し屋殺しと推理の行方は?


「〈影ジェント〉シリーズ」第1作。
 『2008 本格ミステリ・ベスト10』第8位。4月に発売された『落日のコンドル』に手を出そうと思ったら、どうやらシリーズものらしかったので予習がてらに読んでみました。〈影ジェント〉と呼ばれる殺し屋たちが暗躍する裏社会にて、ひとりの男が命を落としたことに端を欲する一連の出来事の顛末を描いたイロモノ系ミステリです。
 〈影ジェント〉や〈影ジェンシー〉等のネーミングからわかるように、本作の世界観はシビアでハードボイルドな殺し屋社会ではなく、ライトでコミカル、ナンセンス。登場するキャラクターも個性豊かで、それぞれに表の職業に即した暗器を持ち、必殺技じみた攻撃で相手を血祭りに上げるなど、バトルものの少年マンガさながらのノリで話が進みます。

 そんな前提条件の下、果たして本格ができるのか?と不安にならなくもないのですが、謎解き、トリック、どんでん返し、事件の裏に潜む策謀から伏線の仕込みまで、実際には思った以上にフォーマットに沿った真っ当なミステリとなっているのが驚くところです。
 不可能状況の理由付けに〈影ジェント〉の設定がきちんと反映されている点も、ミステリとしては優秀。殺しの手柄を我が物とするため、容疑者全員が自白し始めて捜査が難航する前代未聞なシチュエーションも面白い。
 そのぶん、用いられるトリックがびっくり人間の論理の中で展開されることになり、万人が頷ける真相になっているかというと甚だ怪しかったりもするのですけれど。ミステリ的にアリかナシかの枠を飛び越えて、「この作品らしい」と読者に感じさせることができれば、とりあえず成功といえるのではないでしょうか。

 余談ながら、著者の命名した「Sin本格」なる新ジャンルや、作中に散りばめられた〈銘屍〉〈入殺〉〈血算〉といった言葉遊美の数々には、思わず清涼院流水を思い出してしまいました。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析