積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『デンジャラス・ラン』

デンジャラス・ラン [Blu-ray]デンジャラス・ラン [Blu-ray]

ジェネオン・ユニバーサル 2013-06-26
売り上げランキング : 10343

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
最果ての地、南アフリカにあるCIAの隠れ家に一人の男が連行されて来た。彼の名はトビン・フロスト。36カ国で指名手配を受けた犯罪者にして、元CIA最強のエージェント。そして彼が収容されるや否や、完璧なはずの隠れ家が襲撃される。「彼らは、俺を狙っている。お前は俺を守る義務がある。どうする?」フロストに選択を迫られる隠れ家の管理人マット。新米CIAの彼は壊滅寸前の隠れ家からフロストを引き連れ、決死の脱出を試みる。武装した未知の敵は何者なのか? フロストが狙われる理由は何なのか? (2012年 アメリカ)


 原題『SAFE HOUSE』。CIAの裏切り者として世界各国から指名手配されるも未だに尻尾すら掴めない逃亡犯トビン・フロストと、彼が連行されてきたセーフハウスの新人管理人が一緒に逃げることなり、ときには相手を巻き、追いつき追い越されながらにフロストを巡る事件の真相に近付いていくサスペンスアクションです。
 最初に雑誌のスチールでこの作品を知った際、いまにも人を射殺しそうなデンゼル・ワシントンの凶悪な目つきに衝撃を受けました。語彙の少ない若者風にいえば「これはヤバい」。いくら役とはいえ、ここまで鬼気迫る表情を作れるものなのか、と。その本気度に戦慄すると同時に、そこまでの演技を見せてくれる映画ってどんなものなのだろうかと大いに期待を寄せていた作品でもあります。

 キャリアアップを望む閑職ともいえるセーフハウス管理人の青年が、そんな手練れの極悪犯との逃亡を余儀なくする中で、彼に操られ、本当の悪を垣間見る。中盤まではフロストとマットの心理戦と大規模な逃亡劇、そしてバラバラになった主役ふたりの間でも並行して追跡劇が描かれ、非常にスリリングです。
 犯罪捜査に関しては素人同然のマットの危なっかしさも手伝って、観客に伝わる臨場感もかなりのもの。スタジアムでの包囲網突破とスラムでの三つ巴銃撃戦は本作で最も見応えのあるシーンでしょう。
 それだけに、オチの付け方で物語全体がいっきに陳腐化されたといいますか。最終的に、単なるありがちなヒーロー譚で終わってしまったのが悔やまれます。
 ここまで盛り上げておいて、そんなザ・ハリウッド大作!な展開で〆めるとは。うーん、終わってみると存外凡庸な作品でした。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析