積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』

謎解きはディナーのあとで 3謎解きはディナーのあとで 3
東川 篤哉

小学館 2012-12-12
売り上げランキング : 3586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
お嬢様、《たぶん~な気がする》程度の確証しかないのでしたら、
たぶん犯人は逮捕できないような気がいたしますよ

宝生邸に眠る秘宝が怪盗に狙われる? 体中から装飾品を奪われた女性の変死体発見? 続々と発生する難事件に、麗子ピンチ……。しかしながら「お嬢様は無駄にディナーをお召し上がりになっていらっしゃいます」影山の毒舌と推理は絶好調! そして、ラストシーンでは麗子と影山、風祭の3人の関係にも大きな変化が訪れて――!?


「謎解きはディナーのあとで」第3作。
 本屋大賞受賞でお馴染み、庶民的なお嬢様と毒舌執事によるユーモアミステリ短編集です。基本的なフォーマットは既刊の2作と共通で、今回も6本の短編が収録されています。
 いわゆる安楽椅子探偵モノは探偵役が犯罪現場へ赴かず、別の人物によって持ち込まれた話題をあれこれ推理していく都合上、物語の1本、1本に変化をつけ辛いのが難点だったりします。その傾向は本シリーズも例外ではなく、この巻で短編が通算18本目ともなると、さすがにマンネリに陥っている感が否めません。

 「怪盗からの挑戦状でございます」はハウダニットに主眼を置いた怪盗モノという、シリーズ屈指の変わり種エピソードでしたが、盗んだ品の隠し場所に関する伏線が充分といえないため、謎解きの公平さの面ではイマイチすっきりしない。他の収録作でも一部に短編ゆえの“都合の良さ”が散見され、高水準な犯人当てが見どころだった1作目に比べ、ミステリ部分もかなり粗くなっている印象があります。
 東川さん個人をベストセラー作家の地位に押し上げただけでなく、特にドラマ関連で昨今の本格ミステリブームの火付け役となった本シリーズ。下手に引き延ばしたりせずに、今回の結末を受けて綺麗に完結させるのも、ひとつの判断ではないでしょうか。


スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

前回同様面白い話でした。
執事が問題を解決するといういつもの展開ですが、毎回見事なストーリーです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
  • posted by 藍色 
  • URL 
  • 2014.04/04 14:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「謎解きはディナーのあとで3」東川篤哉

宝生邸に眠る秘宝が怪盗に狙われる?体中から装飾品を奪われた女性の変死体発見?続々と発生する難事件に、麗子ピンチ…しかしながら「お嬢様は無駄にディナーをお召し上がりになっていらっしゃいます」影山の毒舌と推理は絶好調!そして、ラストシーンでは麗子と影山、風祭の3人の関係にも大きな変化が訪れて―!?大人気ミステリ第3弾。 シリーズ累計300万部突破の人気ミステリ 国立署の新米刑事、宝生麗子は...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析