積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『プロメテウス』

プロメテウス [Blu-ray]プロメテウス [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-07-03
売り上げランキング : 3455

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
エジプトやマヤ、メソポタミアなどの古代遺跡の壁画から、共通するサインが見つかる。発展した時代も場所も異なるこれら古代遺跡で見つかったサインを、考古学者のエリザベスは人類を創造した知的生命体からの招待状ではないかと分析する。人類の起源の謎を解くため、エリザベスや恋人ホロウェイ、女性監督官ヴィッカーズ、精巧なアンドロイドのデヴィッドら17名は巨大企業ウェイランド・コーポレーションが建造を手がけた宇宙船プロメテウス号に乗り込み、未踏の惑星を目指して出航する。 (2012年 アメリカ)


 「エイリアン」シリーズの前日譚。本当は昨年の劇場公開時、観に行こうと思っていたのですけれど、某特撮系掲示板で「笑えないほどつまらない」との意見を目にしまして、レンタル待ちに切り替えました。
 結果としてはわざわざ映画館に行かなくて正解だったかなあ、と。とにもかくにも大味でハリウッドライクな作品で、映像はド派手で美しいのに、物語としては何をやりたいのかまったくわからない。
 いえ、『エイリアン』に残されたスペースジョッキーの謎に答えを与えたいという試みは理解できるのです。しかし、最後まで観ても結局、スペースジョッキー=エンジニアとは何者だったのか、彼らが人類を創造した理由は何だったのか、エイリアンの素(?)があの星で保管されていたのは何故かなど、諸々の疑問に答えが与えられることはなく、細かい説明や明示すべき解答が潔いほどに投げられてしまっています。これはダメでしょう。
 そんなことだから、とりあえず登場人物がわーきゃー騒いでいることを楽しむ以上の鑑賞方法がありません。

 そもそも本作は、元々「エイリアン」の直系のエピソードゼロとして計画されていたものを、製作段階で独立したストーリーとして方針転換したという経緯があります。そのため基本的には『エイリアン』との関連性を秘したままで物語が進行し、最終盤になって初めてその事実が最大のサプライズとして明かされます。
 ただ、作品に対してそれなりに興味を抱いている人にとってはそんなことは今さらで、いつエイリアンが出てくるのかを楽しみにしているわけだし、それ以外の一般人は純粋に「人類の起源云々」のコピーに期待しているわけで。最後の最後にちょろっとエイリアンが顔を見せたところで、正直誰も得しないという……。 これだったら、最初からエイリアンが総攻撃を仕掛けてくるなり、素直に人類の起源を解明するなりしてくれた方が遥かに纏まりが良い。完全に観客のニーズそっちのけです。

 オチも爆発させときゃ満足なんでしょ?的な雑さが漂い、主人公コンビにも魅力なし。『AVP2』と『エイリアン』の間を埋める1ピース、ちょっとお金の掛かったモンスター・パニック、以上の価値は見出せない映画でした。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析