積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

古野まほろ『セーラー服と黙示録』

セーラー服と黙示録セーラー服と黙示録
古野 まほろ

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-12-15
売り上げランキング : 61815

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
孤島に建設されたミッション・スクール聖アリスガワ女学校。そこは日本随一にして、ヴァチカン直轄の探偵養成学校であった。探偵になるために日々勉強に励む生徒たち。そんな中、超難関と噂される、卒業のための最終特別試験が始まる。その問題は、校内にふたつある鐘楼に設置された密室において、二十四時間で主に最も近づくこと――つまりは奇蹟を起こすこと。苛烈な競争を勝ち抜いたふたりの生徒が幽閉され、特別試験がスタートするが……果たしてふたりの少女は、鐘楼尖端のおそろしい高さのラテン十字架に磔となって殺害されていた――!?


 昨年12月に発売された古野まほろの新作長編――といいつつ、来週には『天帝のやどりなれ華館』の発売が控えているので既にひとつ前の作品となってしまったわけですが。
 全寮制のミッション系女学院を舞台に、ゴテゴテに装飾されたキャッチーな死体と不可能状況、理路整然とした論理的推理、女子高生のキャッキャウフフに巨大な陰謀まで絡み、初期まほろテイスト全開な内容でお送りします。講談社ノベルスから離れてからというもの、どこかしっくりこない作品が続く中、古野まほろの原点を思わせる小説に再び巡り遭えたのは喜ばしい限り。これです、こんなまほろが読みたかったのです。

 本作最大の特色は、一件の事件に対して三人の探偵がそれぞれ、ホワイダニット、ハウダニット、フーダニットを分担して謎解きを行い、最終的にそれら3つを統合して真相に辿り着く点でしょう。これにより、ひとつひとつの推理に多少弱い部分があろうとも、多角的に進められる推理が互いに互いを補完する形となり、ちょうど「色の三原色」の有名な図のように、重なり合った部分が揺るぎのない答えになる。この試みは面白かったです。
 また、探偵女学校(相変わらず有栖川有栖を愛しすぎ!)ということで、学校の課題や学年末テストの体で作中にはミステリ力を測る問題がいくつか登場し、これがまた論理パズルとしての質が高い。マードレ・バルバラの宿題に対する今日子さんの解答には、思わず膝を打ちました。

 電子書籍雑誌『小説屋sari-sari』上では、早くも「聖アリスガワ女学院の事件簿」なる連載も始まり、若者向け青春ミステリを得意とする角川書店とまほろの相性は意外と良いのかもしれません。例によって「天帝シリーズ」と絡む部分もあり(時系列的には『探偵小説のためのゴシック「火剋金」』の後くらい)、今後も目が離せないシリーズになりそうです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析