積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『ビーチ・シャーク』

ビーチ・シャーク [DVD]ビーチ・シャーク [DVD]

松竹 2012-07-06
売り上げランキング : 110489

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

砂を泳ぐサメなんて、初めて――!
静かな島・ホワイトサンドのビーチでパーティーを開催していた若者のひとりがサメに食いちぎられるという事件が発生する。しかし、現場は海中ではなく満潮のラインをはるかに上回る陸地だった。水陸両用サメが人々を襲うパニックムービー。


 前々から観たかった作品で、GEOが50円だったので借りてきました。いや、まぁあらすじからわかるとおりの酷い映画ですよ。こんな作品に100円も出すのは勿体ないと、貧乏根性丸出しでセール期間を待っていたのですが、なんとセール初日にはまさかの貸し出し中だったという……。恐るべし、同好の士よ。
 水中だけでなく砂浜の中まで泳げるように進化したビーチ・シャーク! まさに陸地に上がれなければ地中を泳げば良いじゃない、というマリー・アントワネットだかコロンブスの卵が如し発想力で生み出されたサメ映画です。ストーリーは至って単純。町おこしのために企画された大学生向けパーティーの会場にやってきた人々を、ビーチ・シャークが血祭りに上げるというお馴染みの設定で、腸が飛び出たり首がちょんぱされたりと中々にグロいシーンがあるため、そちらの耐性がない人はちょっと遠慮した方が良いかもしれません。

 このビーチ・シャークが一にも二にも、ちゃちすぎる。そこらのテレビゲームにすら劣るのではないかという低クオリティなCGは『マンモス』と良い勝負でした。演出そのものも大概酷いのですけれど、それ以上にビーチ・シャークがあまりにもアニメーションすぎて、現実の映像からかなり浮いてしまっているのが問題です。肝心のモンスターに喰われるシーンも、とびきり出来の悪いCGモデリングを上から被せたようにしか見えず、その溶け合わなさにどうあっても現実へ引き戻されざるを得ない。背ビレしか見えていない段階でここまでチープさを窺わせる作品もそうそうないですよ。
 停電のシーンとかさぁ、パソコンのお絵かきソフトで色塗ってるんじゃあるまいに、もうちょっとどうにかならなかったの?

 そんなこんなで正直、底辺レベルの映像なのですが、登場人物のキャラが立っていて意外と楽しめるのも事実です。トラブルメーカーの主人公がときたま覗かせる純真さに、心を打たれるとまではいかなくとも、憎めないヤツだと思ってしまうし、女性陣4人も妙に存在感があって華がある。
 中でもエリンの変貌っぷりは本作最大の見どころです。最初は可愛い感じの癒し要員だったのに、やっていることが外道すぎてビビりました。女って怖ろしい。そのひと言に尽きますね。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析