積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』

映画 ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち [DVD]映画 ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち [DVD]

バンダイビジュアル 2012-05-26
売り上げランキング : 28025

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
ご迷惑掛けたけど、またこうしてGUTSのメンバーと戦えるなんて――夢にも思わなかったです
宇宙有翼獣・ゲランダとの戦いに大敗を喫したウルトラマンダイナことアスカは、スーパーGUTSの隊員たちと、ゲランダを一撃の下に倒した電脳巨艦プロメテウス号の開発を行っていたTPC科学研究所に招かれ、クリオモス島を訪れた。そこで彼らは、プロメテウスの開発主任であるキサラギ博士から、究極の最終兵器プロメテウスのメインコンピューターにGUTSの隊員の経験値をインプットしたいと頼まれ、その作業にアスカが志願することになる。ところが、それは宇宙植物獣人・モネラ星人の罠だったのだ。 (2008年 日本)


「ウルトラマンダイナ」劇場版。
 もう何度も観た作品ですが、『ウルトラマン列伝』にて分割放送があったので改めて鑑賞しました。『ウルトラマンゼアス』『ウルトラマンゼアス2』に続く劇場版「ウルトラマン」である本作は、放送中のテレビシリーズと連動した形で製作された初めてオリジナル長編映画でもあり、世界観が繋がっている『ウルトラマンティガ』と『ウルトラマンダイナ』を明確に関連付けた――より具体的にいえば、『ダイナ』にティガが客演を果たすというこれ以上ないくらいのトピックとイベント性を兼ね備えた、とにかく豪華な作品となっています。
 序盤はダイナとゲランダの戦闘から始まり、内容的には『ダイナ』一色。続くデスフェイサー戦で、恐怖心から及び腰になったアスカは結果としてマイに大怪我を負わせることになってしまう。自分の弱さから逃げるようにして避難命令が下る街へと出たアスカが出逢ったのは、かつて光となった兄から貰ったというティガの人形を持つ少年でした。自分がダイナになるよりも前、やはり人々を守るために戦ったウルトラマンティガの強さの源とはいったい何だったのか。モネラ星人に設定されたタイムリミットが迫る中、アスカは旧GUTS隊長のイルマ参謀の元を訪れる。

 本作はティガの客演編であると同時に、イルマ隊長にも大きくスポットが当てられています。「ウルトラシリーズ」の女性キャラで最も好きなのイルマ隊長が活躍するというだけでも既にテンションがうなぎ上りなわけですが、ティガのソフビが登場した辺りから『ティガ』濃度がぐっと濃くなっていくのもこの映画の魅力的なところです。
 時間にしてせいぜい90分弱しかない映画なのに、その中に『ティガ』全52話の物語が丸々内包されているため、改めて描写に割かなくても良いぶん、非常にまとまりが良くなっているのです。人間の諦めない心が光となり、ウルトラマンを形作るといったストーリー展開もそのまま『ティガ』の最終回ですからね。ティガ&ダイナ共演の過程がスムーズなばかりか、『ティガ』視聴者にとってはこれほど感慨深いものもないという一挙両得完璧仕様です。これは反則でしょう。BGMだけで込み上げてくるものがありますもん。
 特撮的にもかなりの迫力があり、デスフェイサーやゲランダといった現在でも語られる名怪獣たちを生んだ点でも注目すべき作品です。特にデスフェイサーはいかにもメカメカしく、それでいて美しさと不気味さを同時に感じさせるデザインが見事のひと言で、プロメテウスからの変形も男子心をくすぐられます。
 ラストをいまは別々の道を歩む旧GUTSメンバーの再集合で〆める演出も小憎い。案外、『ダイナ』ファンよりも『ティガ』好きの方が楽しめる作品かもしれません。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析