積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

高田崇史『毒草師 パンドラの鳥籠』

毒草師 パンドラの鳥籠毒草師 パンドラの鳥籠
高田崇史

朝日新聞出版 2012-12-07
売り上げランキング : 32463

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
ひょっとすると、これから行く場所では、ぼくらの想像を絶するような出来事が今、進行している
「魔女の薬草」を探し求めていた生薬学者が失踪した。行方を追う編集者の西田は、失踪場所が「魔女の鳥籠」と呼ばれていることを知る。そこは、齢三百歳を超える魔女が棲むとの言い伝えがあるばかりか、かつては首なし連続殺人事件が発生し、さらには、老いさらばえ、白髪となった大学生の溺死体が発見された場所だった!西田は自称・毒草師の御名形史紋に協力を仰ぐが、彼は「浦島太郎を調べたほうが早い」と謎の言葉を残す。やがて彼は、「浦島太郎の玉手箱」と「パンドラの箱」の繋がりを、神代の時代と重ね合わせて事件を紐解いていき――。


「毒草師」第3作。
 高田崇史の看板作品「QED」のスピンオフシリーズが4年ぶりに刊行。前巻のラストで今後の展開を匂わせるような台詞があったので出るだろうとは思っていたものの、あまりに音沙汰がないものだから半分諦め掛けていたのも事実です。まずはともかく、神凪さんレギュラー加入おめでとう!
 さすがに4年間もシリーズ新刊が出ていないと作風も変わってくるもので、「QED」の完結を受けてかどうかは定かでありませんが、これまで比較的軽めに読めた本シリーズが今作では蘊蓄量を増し増して、より本家に近いテイストに仕上がっています。事件の解明よりも歴史の謎解きに重点を置いている点も中期以降の「QED」と同様です。

 この変化はあまり歓迎できませんでした。というのも、高田崇史といえば一般に歴史の闇をテーマに取り上げる作家として認知されていて、それはそれで間違ってはいないのですけれど、実際には歴史の謎よりも現代の事件の方に焦点を当てた作品の方が断然面白いのです。中でも十八番なのが現実世界からちょっと浮き上がった類のトリックで、歴史の謎はその飛び道具的発想を「アリ」なものとしてミステリの世界観に繋ぎ留めるための補助に用いられています。
 本作においても「首切りの論理」の意外性は十二分です。しかしながら、その後で詳らかにされる『浦島太郎』の謎解きが強烈すぎてミステリ部分が完全に食われてしまっている。これが非常に勿体ない。
 不可解な連続殺人事件が日本という国を根幹から揺さぶる秘密に発展するスケール感には毎度のことながら圧倒されますが、そこをもう少し我慢して是非ミステリとしての精度を高めて頂きたい――というのが一ファンの切なる願いです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析