積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ムック『リスアニ! Vol.10.1 別冊キャラクター・ソング』

リスアニ! Vol.10.1 別冊キャラクター・ソング (M-ON! ANNEX 559号)リスアニ! Vol.10.1 別冊キャラクター・ソング (M-ON! ANNEX 559号)

エムオン・エンタテインメント 2012-10-09
売り上げランキング : 130947

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
シリーズアニメ化も決定し、今もっとも勢いに乗るスクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」。そんな「ラブライブ!」の世界をリスアニ! ならではの視点で見る、40ページの大特集! アイドルとして活躍するμ`sのメンバー9人へのインタビューはもちろん、サウンド面、映像面、そしてライブと、さまざまな視点から「ラブライブ!」をどこまでも熱く語る、永久保存企画! μ'sスペシャル・トーク・セッション/監督・京極尚彦に よる映像解説/作詞家・畑 亜貴 INTERVIEW/ラブライブ!ディスクガイド ほか


「リスアニ!」第15弾。
 昨年10月に発売されたアニメソングに特化した専門誌『リスアニ!』の別冊号です。従来までのアニソン雑誌というとどうしてもグラビアメインであくまでも消費型の雑誌として出版されるものが多かったのですが、『リスアニ!』は新アニメの放送に伴って年4回刊行の季刊誌であり、なおかつ永久保存に向いたしっかりとした紙質のムック――しかも、内容的にも非常に充実していることもあり、刊行当初から毎号購入しています。
 とはいえ、本ブログ左上の「ただいまの積読本」コーナーを見てもわかるとおり、年末の『本格ミステリ・ベスト10』顔負けの情報量とボリュームが祟って最初から最後まで完璧に読み切るということがあまりなく、これまでわりと積読行きにしていました。

 しかし、なんといっても今回は『ラブライブ!』特集! 前々から『ラブライブ!』楽曲の質の高さには注目していたので、こうして大きく取り上げてくれるのは嬉しい限り。μ'sの「Mermaid festa vol.1」はiTunesの殿堂入りプレイリストに入れているくらいに好きです。
 キャラクターインタビューといった謎企画(?)から全キャストを網羅した対談、作詞家インタビュー、これまでにリリースされた全CDのレビューなど、相当力が入っています。まさにこの特集1本で『ラブライブ!』がだいたいわかってしまう仕様です。私はまだ1月からのアニメ放送を見ていませんが、これは期待が高まりますね。

 後半はキャラソンの歴史と編集部が選ぶゼロ年代後半以降のキャラソン100選。前にゆでたまごが「キャラクターソングを一番最初に導入したのは『キン肉マン』だった」と述べていたことを読んだ記憶がありましたが、単に最近の楽曲を取り上げるだけではなく、そのあたりの古い年代のことから現在までを流れで解説しているので非常に勉強になります。
 それにしてもレ・ミィ×コトナ「ありのままでlovin' U」や一条かれん (CV.南里侑香)「毎日がRendez-vous」をセレクトしているところはさすがですね。でも『テニスの王子様』からリョーマ君の「Dreaming on the Radio」は入れておくべきだったよね!と、まぁそんな感じで文句を垂れつつ堪能させて頂きました。
 最近のアニソン事情にはあまり明るくないので、とりあえずは『ゆるゆり』『ひだまりスケッチ』あたりの曲から聴いてみるかなー。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析