積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

西尾維新『めだかボックス外伝 グッドルーザー球磨川 小説版(下) 水槽管理のツークツワンク』

めだかボックス外伝 グッドルーザー球磨川 小説版(下) 『水槽管理のツークツワンク』 (JUMP j BOOKS)めだかボックス外伝 グッドルーザー球磨川 小説版(下) 『水槽管理のツークツワンク』 (JUMP j BOOKS)
西尾 維新 暁月 あきら

集英社 2012-11-19
売り上げランキング : 56020

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
嘘でしょ……、負ける気満々だったのに勝負が始まった瞬間私が勝っちゃった……、
どれだけ勝ち運がないの、この男子……

すべてを「なかったこと」にするスキル「大嘘憑き(オールフィクション)」を持つ男・球磨川禊。安心院さんの端末との勝負を順調(?)にクリアし続ける中、予想外の人物が立ち塞がる。


「小説版 めだかボックス」第2作。
 上巻にて安心院さんから送り込まれたふたりの刺客を見事に撃破し、勇者の剣を手に入れた球磨川。その続きとなる下巻はまさかの展開が待っていました。殆どギャグシーンも同然のトラブルによって球磨川はあっけなく敗退。その後を継いで須木奈佐木さんが単身、安心院さんの端末に闘いを挑みます。
 冠作品にも関わらずあっけなくフェードアウトして最後の最後まで出番が回ってこない球磨川先輩がさすがです。しかも、余裕綽々で相手を螺子伏せていたように思えた上巻のバトルも、実は必要以上に遠回りをした上での勝利だったことが明かされ、その負けっぷりを存分に見せつけられます。これぞ、われらが球磨川禊!
 それでいて、最終的には彼にとって最も良い形で物事が収まってしまうところが球磨川というキャラクターの凄いところですよね。まさに負けるが勝ち。絶対に勝てないことがわかっているのに、本編で球磨川が助っ人参戦してきたときの安心感は異常ですもん。

 須木奈佐木さんと隠蓑姉妹の対決はさり気ない伏線を決め手に活かしてきて、実に西尾維新らしい決着の付け方でした。『刀語』や『新本格魔法少女りすか』など、こういったミステリ的な手法を異能バトルに取り込んでくるところが西尾作品の面白さでしょう。
 なんだかんだで誰よりも仲間を大切にする球磨川と、それに気付いていながらも見て見ぬフリをする須木奈佐木さんの関係も素敵です。このコンビには、続刊を出すなり何なりしてもっと活躍の場を与えてあげてほしいなあ。
 須木奈佐木さんの『殺気姫』なる二つ名の由来や、「悪平等」編でなぜいきなりアイドルになっていたのかも明かされ、前作と同様に本編の隙間を埋めるスピンオフとしても機能しているので『めだかボックス』ファンは必読です。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析