積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

美輪和音『強欲な羊』

強欲な羊 (ミステリ・フロンティア)強欲な羊 (ミステリ・フロンティア)
美輪 和音

東京創元社 2012-11-21
売り上げランキング : 480052

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
どうしていつも悪いのは、わたくしなの? 何で誰も沙耶子の邪悪さに気付かないのよ!?
この子が羊の仮面の下にどす黒い本性を隠していることを、なぜ、誰も見抜けないの!?

とある屋敷で暮らす美しい姉妹のもとにやってきた「わたくし」が見たのは、対照的な性格の二人の間に起きた数々の陰湿で邪悪な事件。ついには妹が姉を殺害するにいたったのだが――。“羊の皮を被った狼”は姉妹どちらなのか? 「強欲な羊」に始まる全5編で贈る“羊”たちの饗宴。


 女性の狡猾で強かな本性、嫉妬深さと執念深さをクローズアップしたイヤミス短編集。前々から私は羊という動物が苦手で、よくよく見てみると気持ちの悪いあの顔が好きになれないのです。本作では女性の黒い部分を語る上での比喩に“羊”を用いており、ファンシーさの象徴としての羊ではなく、どことなく不気味な仮初の可愛さを纏った存在として捉えられています。表紙イラストも一見ライトですが、眺めれば眺めるほど異様に感じられてきて、作品内容を体現するという意味ではこれ以上ないくらいに完璧。気の早い話ですけれど、来年度本ミスの「装丁大賞」で俎上に載ることは請け合いでしょう。

 全体に、読者側に与える情報を制限することでサプライズ演出に繋げる構成を採っている作品が多く、どちらかといえば叙述特化型のミステリといった風合いです。物語のタネ自体はわりと王道展開というか、想定の範囲内に収まってしまうため、些か食い足りない。発想的には面白かった「ストックホルムの羊」も、タイトル付けで盛大に失敗していると言わざるを得ません。
 『着信アリ』の脚本家だけあってラストはミステリというよりもホラー寄り。ミステリ読み的にはすっきりと解決しないので何ぞ?と思わなくもないのですが、小説の〆め方としてはアリなのかな。ただ、ミステリの土俵でなお且つ無垢を装った女性に羊がテーマの暗黒系寓話集というと、どうしても米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』を想起させるわけで。ちょっと被りすぎだよなぁ。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析