fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

島田荘司『アルカトラズ幻想』

アルカトラズ幻想アルカトラズ幻想
島田 荘司

文藝春秋 2012-09-23
売り上げランキング : 126416

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
一九三九年十一月二日、ワシントンDCの森で、娼婦の死体が発見された。被害者は木の枝に吊るされ、女性器の周辺をえぐられたため、股間から内臓が垂れ下がっていた。時をおかず第二の事件も発生。凄惨な猟奇殺人に世間も騒然となる中、意外な男が逮捕され、サンフランシスコ沖に浮かぶ孤島の刑務所、アルカトラズに収監される。やがて心ならずも脱獄した男は、奇妙な地下世界に迷い込む――。


 ゴッド・オブ・ミステリーこと島田荘司の最新刊。アメリカで見つかったとある猟奇死体が、やがて歴史を揺るがす大事件へと繋がっていき――といったストーリーの一大エンタメ長編です。
 本作は大きく分けて第一章~第二章の連続猟奇事件、第三章のアルカトラズからの脱獄劇、第四章のパンプキン王国、そして現代を舞台にした解決編で構成されており、それぞれ大変魅力的で、500ページ超の決して少なくないページ数にも関わらずいっきに読ませてくれます。
 どこにでもいるような普通の人間が起こしたミクロな事件と、現代史を語る上で無視できないであろう最重要案件のマクロな視点。このふたつを一本の線として結び、またひとりの人物を主人公にした壮大でささやかな物語として〆めてみせる。そして、さらにこれがミステリ小説の枠内で表現されているところは圧巻です。

 しかしながら、この構成が諸刃の剣となっているのも事実です。最初に投げられた猟奇事件とアルカトラズでの生活、最終的に現れる絵面の間にある繋がりがあまりにも薄いため、いち小説として読んだ際のまとまりが極めて悪い。ぶっちゃけ、これらのエピソードが一冊に詰め込まれている必然性が皆無なのです。
 連続猟奇事件のくだりなんかは、あってもなくても大勢に影響しないどころか、むしろバランスを崩してしまっている感すらある。けれど、そのパートはそのパートで面白いものだから厄介です。
 第二章にて突然挿入される「重力論文」も、恐竜絶滅論のアクロバティックな新説として興味深くはあるのですが、「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ! 楽しく小説を読んでいたら、いつの間にか論文を50ページも読まされていた」というポルナレフさながらの現象に陥ってしまうのは、ちょっとどうなんでしょう。いくら事件解明に必要な要素とはいえ、それはもう“手順”であって小説とは別のものなのでは、と思ってしまわなくもないのです。

 地下世界の謎にしたところで本作がファンタジーではなく地に足の着いた物語である以上、当然その解決法もひとつに限られてくるわけで。時代背景も鑑みると“謎”として掲げるまでもなく真相が明白なのも、ミステリ的にはイマイチです。
 他方、そのためのお膳立てに用いられた舞台装置には驚かされました。実はここ、テレビで特集が組まれる度に録画して観るくらい好きな場所なのです。まさに言われてみれば、といった感じでこの符合にはまったく気付きませんでした。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析