積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

友桐夏『星を撃ち落とす』

星を撃ち落とす (ミステリ・フロンティア)星を撃ち落とす (ミステリ・フロンティア)
友桐 夏

東京創元社 2012-06-28
売り上げランキング : 291901

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★
津上有騎、水瀬鮎子、長岡茉歩、そして葉原美雲――四人の女子高生の不安定な対立感情が極限に達したとき、ひとつの悲劇が起きた。傷ついたのは誰で、嘘をついていたのは誰なのか? 先行きの見えない展開、反転する構図――禍々しくて華やかな、少女たちの四重奏。


 何だかわからないけれどもの凄いものを読んでしまった、というのが第一の感想です。序盤は「〇〇は××の友達なんだから、△△は余計なちょっかい出さないで」とでも言いたげな思春期少女たちのぴりぴりとした対立関係がこれでもかと描かれ、そのあまりの生々しさに心を抉られと同時に、読んでいてかなりのストレスを感じます。
 そして、これはいつになったらミステリになるのか?まさかこのリモコンの件が本題なのか?と不安に思いつつ進めていくと、第一章の終わりで一変、怒涛のようなひっくり返しが待っていました。
 本作において争点となっているのは、“彼女はそのとき何を考えていたのか”といった心理面への斬り込みです。まるで飼い犬を散歩させるかのように茉歩の首に巻かれた紐を握っていた美雲、扉の奥に引き籠るA嬢、自殺未遂を目論んだ茉歩――。目の前で起こっている揺るがぬ“事実”を、どのように解釈するのか。周辺の状況と詳らかになっている情報から、論理と推理を用いて外堀を埋めてゆくことで他者には知りようのない「彼女」の本心に迫る。
 新たな推理が提出される度に各キャラクターの人物像ががらりと色を変え、それぞれの行動の裏に潜む真意がまったく別の風景を映します。

 ここでひとつポイントなのが、どの問題も最終的に答えが明示されない点です。どんなにその解答が“真実”に思えても、それは結局可能性の範疇にすぎず、本当のところはわからない。それ故に、底知れぬ怖ろしさを感じさせるのです。タイトルでもある『星を撃ち落とす』の意味がわかったときにはぞっとしましたね。
 また、正解が明かされないことで、作中にて披露される推理がどれも「間違っている」とは言い切れず、多かれ少なかれすべての推理に無下にできない重みを与えています。
 つまり、本作で行われているのは、状況から導き出せる可能性をひたすらに提示していくことであり、日常の謎でありながらも円居挽『丸太町ルヴォワール』や城平京『虚構推理 鋼人七瀬』といった 推理>真実 の多重解決モノの系譜に連なるタイプのミステリとなっています。こういう作品は、ちょっといままでに読んだことがない。
 物語性、推理のボリューム共にお腹いっぱいで、個人的には『本ミス2013』対象期間内の作品ではベストに推したいです。知名度さえ何とかなれば5位圏内に食い込んできても全然おかしくない傑作でしょう。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析