fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

望月守宮『無貌伝 ~探偵の証~』

無貌伝 ~探偵の証~ (講談社ノベルス)無貌伝 ~探偵の証~ (講談社ノベルス)
望月 守宮

講談社 2012-10-04
売り上げランキング : 303545

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
決まってるだろう。本当の世界だ。
私たちが住むこの世界は、真の世界によく似たまがい物に過ぎないのではないか。
そう思っている連中がたくさんいる。

裏切りの名探偵・御堂八雲により、首都は破壊しつくされた。望は救出した芹の手を取り、師匠の秋津のもとへと駆ける。しかし、待ち受けていたのは、秋津の失踪と、八雲の魔の手……! 陰謀蠢き、逆転と背信は繰り返され、矜持と狂気が交叉する逃避行の末、望は、ついに自らの手で最凶の名探偵と対峙することを決める。


「無貌伝」第5作。
 まるで最終巻のようなタイトル配置に嫌な予感はしていましたが、まさかの次巻完結。確かに前作終盤から怒涛ともいえる展開を見せていましたが、よもやこれほど早くシリーズが終わってしまうとは。
 ヒトデナシという特殊なギミックを用いたミステリとしても、サーガ的な空白部分を埋める物語としてもまだまだ描けるものはあると思うし、ここまでで構築されてきた世界観、既存のキャラクターだけでも充分発展の余地は残されているだけに、残念でなりません。

 今巻では無貌の正体への言及に限らず、月が地球を親素としたヒトデナシである可能性、このセカイそのものがそもそもヒトデナシによって創られたのではないか?といった大風呂敷まで広げられており、物語全体がセカイ系の様相を呈してきます。
 メインストーリーも望と芹の逃避行から始まり、純と健太を巻き込んでの追っ手とのバトル、魔縁である犬との共同戦線、打倒八雲と目まぐるしく動く動く。ミステリ要素を完全にスポイルして壮大な世界観の決着と主人公の物語を終わらせにいく流れは、どうしても西尾維新の「戯言シリーズ」を想起せざるを得ません。
 デビュー作にしてシリーズ第1作『双児の子ら』のオビに西尾維新の推薦文が載せられていたことから考えても、これは無視できない符号でしょう。

 ただし、あちらと違ってジャンルに与えた影響が殆どないというのがなあ。一応、メフィスト賞受賞作は『本格ミステリ・ディケイド300』でも取り上げられていましたが、『人形姫の産声』なんかはそのクオリティの高さとは裏腹に、年末ランキングでは完全にスルーされるという不遇っぷりですし。
 著者自身、“引き”を作る楽しさに目覚めたというだけあって、今回のラストもかなり驚愕です。気持ちはわかる。わかるけど、なんでそっちにいっちゃうかなー、秋津さん!と、読んだ人誰もが心の中でそう訴えたハズ。
 ここまで来たらミステリかどうかは関係なく楽しみではありますが、それでも最後の最後でガツンとくるような『人形姫』以上の特殊ルールミステリを期待しています。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析