積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

相棒 Season 11 第2話「オークション」


★★★★☆

一流オークションハウス「ホワイトグラブズ」の代表取締役、坂巻百合子からジャズピアニストのエド・クレメンスの腕を探してほしいという依頼が先日まで享が所属していた中根署・捜査一係に舞い込んだ。腕と言っても70年代にアメリカジャズ界を席巻、夭折したクレメンスが、自らの腕をかたどり作成された石膏製のもの。しかし、百合子によると5日後のオークションの目玉になるほどの貴重なものだという。扱いに困った一係の堀江は、元部下の甲斐享に押し付けてしまうが、困った享は百合子にマスコミに呼びかけてみては、と提案。百合子もあっさりと同意する。数日後、新聞やテレビなどでは連日クレメンスの腕紛失事件を報道。おかげで当初は1000万円だった予想落札価格も3000万円に急騰したとか。そんな折、特命係に腕が見つかったという連絡が入る。


 面白いなー、「カイト相棒」。特命係で楽しそうに指揮マネする右京さんのお茶目な変人っぷり、窓際設定の強調、右京さん自身がカイトくんをスカウトしてきたことによる波乱……エトセトラエトセトラ。カイトくんがいつまで保つかを密かに気にして米沢さんに漏らす右京さん、というのも新鮮です。
 また、カイトくんのキャラを丸っきりの新人刑事にしたことで、捜査一課=憧れの存在として捉えられているところも面白いですよね。亀山・神戸時代では自分から積極的に捜査一課に情報提供とか、まずあり得ないシチュエーションでしたからね。カイトくんに先輩として接する芹沢くんなど、これまでのシリーズとは展開される人間関係も変わってきて、連続性を持たせていることでわくわく感も倍増です。

 『オフィシャルガイドブック 相棒 Vol.3』の輿水×松本対談で「たまたま」と述べていた、“相棒”は「か」で始まって「る」で終わるネタをギャグに盛り込んでくるところも笑えました。しかも「時効間近」とは、これまた懐かしいものを! Season 4 第20話「7人の容疑者」ですね。とにかく、ここまで『相棒』愛に溢れていると感じさせる回は近年ありませんでした。

 謎の方も日常の謎ちっくな始まりから、解決編の最後の最後まで二転三転する複雑さで見応えアリ。本筋の謎解きとは別に、カイトくんの無鉄砲さにハラハラさせられ、それがまた見ている側のスリリングさを高めることにも繋がってくる。
 明るいテイスト、職人モノで落とすあたりも初期『相棒』っぽさを醸しています。これは Season 11、期待しちゃって良いんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析