積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

有栖川有栖『虹果て村の秘密』

虹果て村の秘密 (講談社ノベルス)虹果て村の秘密 (講談社ノベルス)
有栖川 有栖 くまおり 純

講談社 2012-08-07
売り上げランキング : 457655

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
私は大人になりたてで、まだ何もできていないけれど、
子供たちに『ごめんね』とあやまるだけの大人にはならないようにしたい。
『ごめんね。でも、これはやったよ』と言えなくっちゃ、生きてきた値打ちがないもの。
と言うより、カッコ悪すぎるじゃない。ね?

将来、推理作家になる夢を持った少年・秀介と、刑事になりたくてしょうがない少女・優希。二人は、優希の母親で推理作家の二宮ミサトが持つ、虹果て村の別荘で夏休みを過ごすことに。村では高速道路の建設を巡り村人たちが争っていた。そんな中、密室殺人事件が発生! 少年たちは、手を取り合い犯人探しを始める……。


 ミステリーランドからのノベルス落ちです。「かつて子供だったあなたと少年少女のための」と謳っておきながら、ミステリ作家たちが本気でトラウマを植え付けにくる作品が決して少なくない中、こうした健全たるジュブナイルミステリが上梓されている事実には心底ほっとします。
 道路建設問題に揺れる田舎のとある村で密室殺人に遭遇した秀介と優希のひと夏の冒険。このノスタルジックな空気が堪りません。社会問題や道徳的なテーマも盛り込まれ、これぞ児童書かくあるべし。『神様ゲーム』のようなおどろおどろしいミステリの洗礼を受けさせるのもアリっちゃアリなのですが、メインターゲットを小学生に据えるのならやはりこうでなくちゃ。

 本作においては密室殺人事件が発生するのですが、密室それ自体はさほど重要視されておらず、いわゆる“針と糸”を用いたトリックは秀介がごくごく早い段階で解いてしまいます。では、そこからどうなるのかというと、「犯人はなぜ密室を作ったのか?」が問題として立ちはだかってくるんですね。
 自分の子供の頃を思い出すまでもなく、小学生くらいの年齢だとミステリの派手派手しい部分(=トリック)ばかりに目を奪われがちです。しかし、本書ではロジックとは何ぞや?というところから始まり、論理的に考えることの面白さを説くことに重点が置かれています。つまり、不可能を可能にしてしまう神の御業に魅せられてミステリに興味を抱いた子供たちに、さらにもう一段上のミステリ体験をして貰おうと意図して書かれているのです。
 次代のミステリファンを育てる試みとして、これ以上に適した本があるでしょうか。そりゃあ、こんな本を小学生時分に読んでしまったらミステリ好きにならざるを得ませんって。

 あとがきに載っている奥さんとのエピソードを読むと、秀介と優希の中に有栖川夫妻の姿が重なるようでもあり、より一層物語が味わい深くなること請け合いです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析