積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

サイモン・ビークロフト『スター・ウォーズ キャラクター事典』

スター・ウォーズ キャラクター事典 (ShoPro Books LUCAS BOOKS)スター・ウォーズ キャラクター事典 (ShoPro Books LUCAS BOOKS)
サイモン・ビークロフト 富永和子

小学館集英社プロダクション 2012-09-12
売り上げランキング : 88835

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★☆☆☆
スター・ウォーズ実写映画全6作に登場する主要な登場人物やドロイドなど、200以上のキャラクターを、1キャラクターごとに1ページで詳細解説! さらに、テレビ用CGアニメシリーズ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』やスピンオフ小説、コミック、ゲームなど、拡張世界の関連情報までも盛り込んだ最新の事典である。


 3D版の公開でこのところ大量に発刊されているSW本のうちの1冊。スピンオフ小説の出版は死に体状態ですが、こういったヴィジュアル本の類は相変わらず盛況のようで、この本の他にも『ミレニアム・ファルコン メカニック・マニュアル』や『ダース・ヴェイダー クロニクル』など、今年は多くの新作が発売されています。
『スター・ウォーズ』画面にちらっと映っただけの脇役・端役にも詳細な設定が付されており、それがまたサーガの魅力だったりするわけですけど、それらキャラクターたちを写真中心にわかりやすく解説したのがこの辞典。 本書は『SW』に登場する各キャラをメジャーなものからマイナーなものまで網羅した一大図鑑という触れ込みです。

――が、これはダメだろう。ダメダメです。
 まずは何より情報量が少なすぎる。そりゃあ、マニア向けにしたら書き切れないほどの膨大な設定があるわけだから、一般向けのヴィジュアル本にそこまで期待するのは酷というものです。しかし、それにしたって文章が少なすぎます。1ページの殆どが写真で、申し訳程度に解説文がちょろっと付いているだけなのです。
 これが1200円そこらならばまだわかるのですが、この内容で3000円はぼったくりと言われても仕方のないレベルでしょう。しかも無駄に海外印刷でコストが掛かっているという。

 おまけにスピンオフの情報も込んでいるようなことを書いておきながら、せいぜい言及がある程度でアソーカ・タノの項すらない始末。いや、ね。それならそれでも良いんですよ? 実写版オンリーであるのなら。けれど、この本の場合は商品説明に“拡張世界の情報まで盛り込んだ”とあるじゃないですか。
 それが『クローン・ウォーズ』の主要キャラクターまでスルーってどういうことなの。嘘をついていなければ、多少の誇張表現は許されるということですか?
 兎にも角にも、いちSWファンとして、何も知らずに騙されて買ってしまった(ええ!そう断言しちゃいますとも)SWビギナーの方々に申し訳なさすら感じます。こんなもの訳すくらいだったら、他にもっと良い本があっただろうに。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析