積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

彩坂美月『文化祭の夢に、おちる』

文化祭の夢に、おちる (講談社BOX)文化祭の夢に、おちる (講談社BOX)
彩坂 美月 庭

講談社 2012-07-03
売り上げランキング : 305663

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
これが最後。文化祭が終わったら、自分は青司から離れる。
三年に一度だけ行われる桐乃高校文化祭。その準備中、五名の生徒が吊り上げられていた巨大壁画の下敷きになってしまう。眠りから醒めた相原円が見たのは、いつもの通学路にいつもの校舎。見慣れた夏の光景のはずなのに、そこはどこかいびつな、誰もいない世界で……?


 “青春<神隠し>小説”の謳い文句どおり、彩坂美月の最新作は文化祭前日にズレた世界に迷い込んでしまった少年少女の物語。初夏の地方都市を舞台にノスタルジー溢れる物語が展開されます。
 なのですが、外部から隔離された閉鎖空間と、主人公たちを狙う狂気の“犯人”、事件を通してそれぞれの悩みからの脱却、といった設定はデビュー作『未成年儀式』とまったく同一。さすがに処女作ほどの不自然さは感じませが、4作目にして既刊のリメイクと見紛うような作品が出版されたことはちょっと宜しくないです。

 後半になって唐突に始まる推理パートも相変わらず。本作に関してはサプライズに向けた伏線も効いていて、充分に読者を納得させられるだけの真相を用意できているのに、それが上手く本編に溶け込んでいない。終盤までまったくミステリを感じさせない体で進んでいたのに、いきなり本格さながらの謎解きに転調するからすごく不自然なんですよね。
 この辺りは彩坂さんがデビュー作から一貫して抱えている問題点で、ミステリ推しにするのなら、初めの時点で「この作品はミステリですよ」オーラをそれなりに匂わせておかないと。読んでいる側は??になってしまいます。
 個人的には彩坂さんの作風はすごく好みだし、文章も気に入っているので、ここらで弱点を克服してもうひと皮剥けてくれると嬉しいのですが。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析