積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

碇卯人『杉下右京の冒険』

杉下右京の冒険杉下右京の冒険
碇 卯人

朝日新聞出版 2012-03-07
売り上げランキング : 61113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
ええ、これも日本にいる相棒に調べて貰いました。
釣り人が溺れ死んだという情報を得て、三宅島に降り立った右京。美しい海に囲まれた島では火力ガスが放出され続け、人々の暮らしを圧迫していた。遺体にもガス中毒の症状があらわれていたが、右京は事件を疑う。謎を解く鍵は三宅島から南へ18キロ離れた御蔵島にあると考え……(『紺碧の墓標』)。いつもの雑用で韓国に向かった右京は、ひょんなことからUFO目撃談の謎解きを手伝うことになる。その冬、韓国では鳥インフルエンザが流行中で、養鶏場が次々と閉鎖されていた。野鳥の死骸が大量に見つかったことに疑問を抱いた右京は、背後にある企みに気づき……(『野鳥とUFO』)。


ドラマ『相棒』のオリジナルノベライズ第2作。
 『相棒』の右京さんを探偵役としてフィーチャーした『杉下右京の事件簿』の評判が良かったのか、第2弾が発売。今回もノベライズを手掛けているのはミステリ作家の鳥飼否宇です。
 全2編から成る中編集でそれぞれ時系列は、「紺碧の墓標」が Season 7 の薫ちゃん卒業以降から神戸君着任以前、「野鳥とUFO」はそれ以後~Season 10 最終話よりは前。後者は神戸君が風邪で休んでいる間らしいのでSeason 8 の「右京、風邪をひく」の直後あたりが有力でしょうか。

 いかにも本格ミステリな大掛かり且つ虚構性の高いトリックを用いた第1話に、本編さながらにちょっと社会派テイストの混じった1時間ドラマらしい第2話。話毎で微妙にテイストが異なるのも、実によく『相棒』しています。
 孤島モノは前々から『相棒』で観てみたかった題材だけに、三宅島を舞台にして孤島ならではの不可能状況を殺人事件に取り入れた「紺碧の墓標」は嬉しかったですね。独立した2つの物語を緩く橋渡しする描写も入っており、きちんと“1冊の小説”になっているところも良かったです。
 前作同様、ミステリとしては比較的易しめですが、神戸君と右京さんのやりとりもあったりして、『相棒』ファンであれば充分に楽しめる読みものに仕上がっています。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析