積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

今月の講談社ノベルス


どうも。いま現在、目が非常にジューシーな はろーすみすです。
鏡を見たら真っ赤になってるし、日光にやられでもしたんでしょうか??

さて、と。今月は全部で4点が刊行です。

1.森深紅『アクエリアム』
2.法月綸太郎『怪盗グリフィン、絶体絶命』
3.有栖川有栖『虹果て村の秘密』
4.殊能将之『子どもの王様』



『アクエリアム』以外の3つはミステリーランドからのノベルス落ち。
まあ、夏ですからね。少年少女の物語を読みたくなる季節ですよ。

購入は『子どもの王様』以外の3作と思ったのですが、
『アクエリアム』はこれ、ノベルスのサイトを見る限りミステリじゃないのかしら。
とりあえずは様子見ということで。

それと今月は『メフィスト』の最新号も出ています。
何でも文三はこの度の人事異動でマダムが抜けて、
以前にも編集長を務めたことのあるLさんが4年ぶりに戻ってきたとのこと。

座談会ではこの4年間でメフィスト賞への投稿作も変化している旨が語られているのが興味深い。
4年前といえばまほろ、こるもの、深水らを輩出した時代になるわけで。
そんな新編集長のもっとメフィスト賞らしい作品を!という宣言は、
『恋都の狐さん』の受賞でメフィスト賞の方向性に疑問を持った自分としては頼もしい限りです。

で、『図書館の魔女』はもう刊行されないんですね。わかります。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析