積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

アニメ総評:『めだかボックス』

めだかボックス 第1巻 [Blu-ray]めだかボックス 第1巻 [Blu-ray]

メディアファクトリー 2012-07-25
売り上げランキング : 1433

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★☆☆☆
箱庭学園内に設置された目安箱は、24時間365日、生徒の誰もが、どんな悩みでも投書できる、通称“めだかボックス"! 生徒達のあらゆる悩みを解決する為に完全生徒会長・黒神めだかの奮闘の日々が始まった!! 全12話。


アニメ「めだかボックス」第1期。
 この作品に関しては西尾維新原作ということもあり、毎週感想を書いていたので、いまさらになって改めて語ることもないのですが、ひとことで言ってしまえばぶっちゃけ微妙でした。
 まずキャラデザが好みじゃない。序盤は殆どモブキャラが喋らず、その上まったく動かないという恐るべき手抜き具合。しかも演出がいちいちお寒いです。めだかのCVも解釈のひとつとしてはアリっちゃアリなのですが、可愛すぎていまいち合っていません。
 そしてなんといっても、いわゆる生徒会執行編であるお悩み相談モノから、いきなり雲仙とのバトル展開に突入して終わってしまう構成がダメすぎます。というか、深夜アニメ1クールで単行本3巻ぶんも消化できていなのはかなりのスローペースですよね? せめて十三組の十三人編までは片をつけてバトル路線をはっきり打ち出しておくべきだったと思います。

 『めだか』という作品に関しては、『週刊少年ジャンプ』を愛してやまない西尾維新が自己流にアレンジしてみせた『ジャンプ』マンガなので、単行本4巻以降のバトル路線への変更や昨日の敵は今日の友的展開がいわば本題だったりするんですよね。
 現状、第1期終了時点では『ドラゴンボール』でいうところの「ギャルのパンティおくれ」までみたいなもので、黒神めだかのキャラクターにしても『化物語』セカンドシーズンで見られたようなテンプレ属性持ちキャラに人間を描き込むとどうなるのか、といった昨今の西尾維新テーマを汲んでいるハズなのに、そこを見せるまでに物語が至っていない。ひとつの作品として語るにはあまりにも未完成すぎるのです。
 製作期間の確保だとか、商品生命を伸ばしたいだとか、様々な事情が絡んで近頃流行っているらしい分割2クール方式ですが、こと本作に関しては、それがことごとくマイナス(過負荷じゃないですよ?)方面に向いてしまっていると言わざるを得ないでしょう。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析