積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

マシュー・ストーヴァー 『スター・ウォーズ 破砕点(下)』

スター・ウォーズ 破砕点〈下巻〉 (ソニー・マガジンズ文庫―Lucas books)スター・ウォーズ 破砕点〈下巻〉 (ソニー・マガジンズ文庫―Lucas books)
マシュー ストーヴァー Matthew Stover

ソニーマガジンズ 2004-08
売り上げランキング : 660042

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
ジェダイ・カウンシルのメンバーとしては――そのとおり、許すことはできない。
きみのマスターとしても、許さないだろう。だが、友人としてなら――
友人としてなら、デパ、わたしはすべてを許すことができる。もうそうしているよ

消息を絶った弟子のデパ・ビラバを探し、真相を突き止めるため、生まれ故郷であるハルウン・コルに赴いたメイス・ウィンドゥが目にしたのは、終わることのない悲惨な戦いの現実だった。現地のゲリラ組織と接触し、危険なジャングルの奥へと足を踏み入れたメイスは、カリスマ的なシャーマンにして指導者、カー・ヴァスターに出会う。そしてついに、ヴァスターと行動を共にするデパと再会するが、彼女は変わり果てた姿となっていた……。


「クローン大戦ノベル」第1作。
 お待たせしました、下巻です。デパと再会してさぁ、一緒にコルサントに戻りましょう、となるハズもなく。それなりに収まるべきところに収まっているのに、まったく救われません。
 戦争の中にあり、いつも以上にフォースが乱れる時期であるからこそ“正しいジェダイであること”に拘り続けるメイス。ジェダイとしての正しさが戦争のきっかけを作ってしまうのであれば、その道を捨てることも厭わないデパ。ここでのメイスの選択は『フォース・アンリーシュド ダース・ヴェイダーの弟子』におけるギャレンの選択と一緒で、一度ジェダイとしての道を外れてしまうといくら一時的に勝利したように見えても、ミイラ取りがミイラになってしまう恐れがある。後のアナキンのケースは言うに及ばずです。

 だからといってジェダイの教義などという、言ってみれば自己満足以外の何ものでもないような代物のために、全銀河を止められた戦争の中に叩き落として良いかといえば、そんなことはない。両者の主張はどちらも尤もで、片方が誤っているとは一概に言い切れないものがあります。
 結果としてデパは苦悩の末、目的達成のためならば人を殺すことも厭わないところまできてしまったわけですが、それでもデパが間違っていると思えないのは、他の闇堕ちジェダイたちとは違って、彼女がダーク・サイドに転向してしまったようにはどうあっても見えないからです。どちらかというと壊れてしまった、といった感じでしょうか。
 そして疲弊したデパの行く末もまた悲劇的であり、心に突き刺さるラストとなっています。特に映画でのメイスの最期を思い起こすと、かなり居た堪れない気分になりました。

 それはそうと、『CW』でダース・モールを復活させたりして好き勝手にやっている昨今のEU界隈の状況を鑑みるに、デパの出番もこれで終わりとは思えないんですよね。最悪のケースとしてアナキンVSデパとか、平気で作ってきて台無しにしそうだから怖いです。

 ちなみに本書には一兵卒のトルーパーを主人公にした短編「エクイップメント」も収録されています。続刊の『セスタスの偽り』がトルーパーにスポットを当てた小説であることを考えると、上手い橋渡しの仕方ですね。とはいえ、クローン戦争初期のトルーパーたちは人間味も薄く、はっきりいってかなり不穏な気配を漂わせています。
 見方によっては、この短編は『EP3』のオーダー66への布石になっているのかも。こうなってくると「Republic Commando」も読みたくなってくるんだよなぁ。高貴さん、なんとかなりませんかね?


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【マシュー・ストーヴァー 『スター・ウォーズ 破砕点(下)』】

スター・ウォーズ破砕点 下巻 (LUCAS BOOKS)マシュー・ストーヴァー 富永 和子 ヴィレッジブックス 2004-08売り上げランキング : 701180Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★★☆ジェダイ・カウンシルのメンバーとしては――そのとおり、許すことはできない。きみのマス?...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析