積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『エイリアン』

エイリアン [Blu-ray]エイリアン [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP) 2012-07-18
売り上げランキング : 6428

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
2087年。資源を積んで地球に帰還するノストロモ号は、とある惑星で正体不明の地球外生命体に遭遇。乗組員の体内に寄生したエイリアンはその腹を食い破って逃走。船内で次々とエイリアンの餌食になっていく仲間たち。最後に残された女性乗組員のリプリーは正体不明の生命体を相手に一人闘うことに……。 (1979年 アメリカ)


「エイリアン」第1作。
 BSで放送があったので視聴。「エイリアン」は『2』~『AVP2』までの5作を観ているのに、原点の第1作はこれまで鑑賞したことがありませんでした。私の映画生活の多くはテレビ放送に依っているので、地上波でやっていないとなかなか観る機会がなかったり。

 さて、『エイリアン』です。『2』以降のエンタメ色の強い内容に比べ、本作はかなり大人しい硬派なSFです。BGMも抑え目に、エイリアンとも戦闘らしい戦闘を行いません。
 ともすれば地味と一蹴されてしまいそうな映画なのですが、静けさが演出する不安感とノストロモ号の船内設備やフェイスハガーなどの数々のSF的ガジェットがギリギリでそうはさせないところが、本作の成功要因ではないでしょうか。
 いまや『ターミネーター』のサラ・コナーに並んで伝説の最強ヒロインとされているリプリーも、この頃はまだまだ普通の女性ですね。エイリアンも妙につるっとしていて、船内のダクトに挟まって遊んでいたり(?)と、後年の作品に馴れた身からするとかなり新鮮でした。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析