積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

法月綸太郎『キングを探せ』

キングを探せ (特別書き下ろし)キングを探せ (特別書き下ろし)
法月 綸太郎

講談社 2011-12-08
売り上げランキング : 37613

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
それはちょっと
なんか安いコントみたいだしさ。せめてプロジェクトの成功、ぐらいにしといた方が

奇妙なニックネームで呼び合う4人の男たち。なんの縁もなかった彼らの共通項は“殺意”。どうしても殺したい相手がいる、それだけで結託した彼らは、交換殺人を目論む。誰が誰のターゲットを殺すのか。それを決めるのはたった4枚のカード。粛々と進められる計画に、法月警視と綸太郎のコンビが挑む。


「法月綸太郎」シリーズ 第12作。
 実はこれが初法月。基本的にシリーズものは第1作から読んでいかないと気が済まないタチなので、大御所であればあるほど既刊の冊数が多くなって読めないというジレンマに陥ってしまうのが欠点でした。しかしながら、本作は今年度本ミス大本命と噂に名高いこともあり、これは押さえておかなくては、と一念発起した次第であります。以上、背景説明終わり。

 本作では倒叙もののスタイルを採っており、法月警視と息子の推理作家・綸太郎コンビがそれに挑む形で物語が進行します。このあたりのキャラ配置はそのまんまエラリー・クイーンの「国名シリーズ」ですね。
 犯人たちは四重交換殺人を実行しようとしているだけあって、その方法もかなり念入りに練り込まれているのですが、緻密に計画された犯行に探偵役が噛んできたことで本来あるべき姿とはまったく別の様相を呈し、それが結果として新たな謎を生み、事件をより複雑化してしまうという構図が面白い。

 また、解決編手前で唐突に挿入される図版によって「何じゃこりゃ?」と混乱させたかと思うと、続く次ページでの引用文にて読み手の目が点になるような決定的一打を加えてくるなど、真相披露までの持っていき方が抜群に上手いです。
 そうして迎えた最後の最後、皮肉たっぷりのラスト一文を読んだ瞬間、完全に作者の掌の上で踊らされていたとわかってしまうこの構成。清々しいまでの完敗です。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【法月綸太郎『キングを探せ』】

キングを探せ (特別書き下ろし)法月 綸太郎 講談社 2011-12-08売り上げランキング : 16657Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★★☆それはちょっとなんか安いコントみたいだしさ。せめてプロジェクトの成功、ぐらいにしといた方が奇妙なニックネームで呼び合う4人の男た?...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析