積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

めだかボックス 第9話「やり過ぎなけりゃ正義じゃねえ!」


 おお、面白くなってきた! 先週までのほんわか生徒会お悩み解決モノととても同じアニメとは思えない血みどろ展開。
 最初の頃こそ雲仙登場篇は不評で日常篇からの路線変更に反対する声が大きかった『めだかボックス』ですが、むしろ本領はここからですよね。というか、『めだか』という作品が週刊少年ジャンプをこよなく愛する西尾維新流のジャンプマンガだとしたら、この方向転換はむしろ必然。アンケート順位が下がったらバトル路線に移行するのはジャンプの通例であり、むしろそうした作品の方が名作となっているのもまたジャンプマンガの方程式です。

 なので、このあたりの変遷は西尾維新が意図して演出したものじゃないかと思うんですね。原作の「黒神めだかの後継者編」は元より、発売中のノベライズでも一貫して黒神めだかは怪物、人間の心を理解できない化物として描かれていることからもそれがわかります。
 また、いわゆる世間知らずな天才ちゃんといったテンプレキャラに必然性を持たせるとどうなるのか、という試みも昨今の「化物語」シリーズに共通するテーマを感じさせます。

 不知火との不穏なやりとり、副会長選出への布石、めだかとは真逆の考え方を突き付ける存在の登場と残り3話、終盤も近くなってまとめに入ってきたようにも見えるのですが、実際のところコレ、どうやって片をつける気なんでしょう?
 このままだとフラスコ計画の「ふ」の字も出てこないで終わりそうなんですけど……。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【めだかボックス 第9話「やり過ぎなけりゃ正義じゃねえ!」】

 おお、面白くなってきた! 先週までのほんわか生徒会お悩み解決モノととても同じアニメとは思えない血みどろ展開。 最初の頃こそ雲仙登場篇は不評で日常篇からの路線変更に反対する声が大きかった『めだかボックス』ですが、むしろ本領はここからですよね。というか、?...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析