積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

西尾維新『朗読活劇 刀語 第零話 虚刀・鑢 /第十二章』

刀語 第十二巻 / 炎刀・銃 【完全生産限定版】 [DVD]刀語 第十二巻 / 炎刀・銃 【完全生産限定版】 [DVD]

アニプレックス 2011-03-02
売り上げランキング : 62525

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
「ぼくはきみのことが大好きだった」
それが。娘に対する愛の言葉が。
反逆者、飛騨鷹比等の最期の科白であり、それを伝える者は誰もいないのだった。

「大乱の英雄」と呼ばれた、旧(ふる)き刀の物語!
原作者:西尾維新完全書き下ろしにより遂に語られる、虚刀流六代目・鑢六枝の真実!
第十二章は鑢七花役の細谷佳正が朗読を担当。


アニメ『刀語』第12巻の初回限定版DVD/BDに付属の特典CDに収録。
 おはなしのくに~♪ な『刀語 第零話 虚刀・鑢』もこれにて終幕。終わってみれば思ったとおり、アニメ第1話の冒頭シーンに至るまでの物語でした。六枝の6人変幻など最後までその仕組みが明かされないままの要素もありますが、『刀語』全体を補完する物語としては充分その役割を果たせていたと思います。
 
 最も大きな収穫は後半戦における飛騨鷹比等像の掘り下げです。『刀語』開始当初の七花や七実が何を考えているのかよくわからなかったように、この「第零話」でも鑢家の人々はその思考がはっきりとは掴めません。序盤は良心的な人間に見えた六枝も、終わりが近づくにつれて明らかに異質な存在に感じられてくる。この淡々とした心の持ちようが“刀”であるということなんでしょう。
 対して、これまで嫌な奴、ヒール役でしかなかった飛騨鷹比等は物語が進むにつれて段々と人間味を増していく。最期の瞬間にとがめに自分の想いを伝えるシーンは、既出のエピソードにも関わらずぐっとくるものがありました。

 一連の物語が共に旅する否定姫から七花への語り聞かせであったというオチも嬉しい。前日譚にして後日談、4時間半超えなのですべて聴くにはなかなか根気がいるとはいえ、ファン納得の一作です。できれば活字化してほしいなー


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【西尾維新『朗読活劇 刀語 第零話 虚刀・鑢 /第十二章』】

刀語 第十二巻 / 炎刀・銃 【完全生産限定版】 [DVD]アニプレックス 2011-03-02売り上げランキング : 17309Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆「ぼくはきみのことが大好きだった」それが。娘に対する愛の言葉が。反逆者、飛騨鷹比等の最期の科白であり、それを伝?...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析