積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

山形石雄『六花の勇者』

六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
山形 石雄 宮城

集英社 2011-08-25
売り上げランキング : 28157

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
勇者の数は六人。それ以上ということも、それ以下ということも、絶対にありえん
闇の底から『魔神』が目覚めるとき、運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授ける。地上最強を自称する少年アドレットは、その六人、『六花の勇者』に選ばれ、魔神復活を阻止するため、戦いへ向かう。だが、約束の地に集った勇者は、なぜか七人いた。その直後、霧幻結界が作動し、七人全員が森に閉じ込められてしまう。七人のうち誰かひとりが敵であることに気づいた勇者たちは疑心暗鬼に陥る。そして、その嫌疑がまっさきにかかったのはアドレットで――。


「六花の勇者」第1作。
 7人の勇者の中にひとりだけ偽物が紛れている。さて、魔神の手先はいったい誰でしょう?というファンタジー土台のライトノベルミステリです。
 解かれるべき命題は主にふたつ。ひとつは誰が偽物なのか、もうひとつは一種の密室状況からどんな手段で結界を作動させたのか、です。このうち後者は比較的早い段階で解答が示され、問題の主眼はその方法を証明する上で唯一の障壁となる、偽装工作の霧をどうやって発生させたのかへと移っていきます。

 ハウダニットに関しては、ファンタジーの要素を活かしつつも、世界観の設定そのものが丸ごとミスリードとして機能しており、読者の目を巧妙に逸らさせることに成功しています。
 反面、ハウダニットの解明が作品のメインであるフーダニットにまったく寄与していないため、トリックがわかったところで犯人探しはまた別のお話となってしまうのがミステリとしては辛いところ。7人目探しが基本的に心証頼りで、解決編の前までに出されている情報だけでは断定するところまで持っていけないのも痛いです。完全に後出しじゃんけんなので推理のしようがありません。
 また、いざ犯人が明かされてみるとそれまでのページにアンフェアに見えなくもない際どい言動があったり、そもそも各〈聖者〉の能力で何ができるのか明確にされていない、六花の紋章をどうやって捏造したのかが不明など全体に説明不足な箇所も多く、トリックは良いのに脇が甘いのが難点です。ラストは安心のJホラーエンドで思わずにやりとしました。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【山形石雄『六花の勇者』】

六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)山形 石雄 宮城 集英社 2011-08-25売り上げランキング : 926Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆勇者の数は六人。それ以上ということも、それ以下ということも、絶対にありえん闇の底から『魔神』が目...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析