FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『ザ・グリード』

ザ・グリード [DVD]ザ・グリード [DVD]

パイオニアLDC 2003-02-21
売り上げランキング : 100862

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★
お次は何だ!?
豪華客船アルゴノーティカ号は南シナ海を航海していた。密輸船の船長・フィネガンはこの船に乗りこもうとする謎の武装集団を運搬する。しかし、アルゴノーティカ号にいるはずの3000人の乗客はほとんどが死亡。船内は血の海だった。得体の知れない生物と戦うことになったフィネガンたちだが……。(1998年 アメリカ)


 すべてのアニメの頂点が『カレイドスター』だとしたら、『ザ・グリード』は間違いなくすべてのモンスター・パニック映画の頂点でしょう(←前半のくだり全く不要
 
 少し前にテレビでやっていたので、またまた見てしまいました。誰が生き残るとか、どういうラストなのかとか、全部覚えているのに観てしまうこの魅力。もう、パントゥーチとか好きすぎるww
 とかいいつつも、内容自体は客船を襲う巨大なモンスターと闘い、脱出するというオーソドックスかつ王道のパニック映画であって、語るところといえば、実はそんなにないんですよね。

 それなのにこの作品が他のパニック映画と一線は画するのは、やはり“あの”ラストシーンと、パントゥーチという名キャラクターのおかげですかね。
 テレビで見ていて、CMの提供画面に「想定外のラスト!」と出たとき、思わずわかってるなぁとにやりとしてしまいました。だって本当に想定外すぎて、まさに「お次は何だ!?」ですよ。

しかし、あんなラストだというのに『ザ・グリード2』とか作られないんですよね。哀し。
まあ、だからこそ良いんでしょうけど。

とにかくコレ、絶対的にオススメなので!


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析