積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『パッセンジャーズ』

パッセンジャーズ [Blu-ray]パッセンジャーズ [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
売り上げランキング : 51679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
飛行機事故で生き残った5人の乗客たちの心の傷を癒そうと、セラピストのクレアは事故の真相を追究し始めた。しかし、事故に関する新事実を口にした生存者たちが次々と姿を消し、クレアは航空会社の人間に尾行され始める……。 (2008年 アメリカ)


地上波で放送があったので録画視聴。
 最近、録るには録ってもあまり観られていので映画が溜まりっぱです。よくよくHDDレコーダーを見てみると去年録画した映画とか余裕で残っているんですよね。ううむ、それとは別に『ファンボーイズ』とかも観たいんだけどなー。
 さて、『パッセンジャーズ』です。だいたい経験値を積んでくるとあらすじを読んだ段階でどういうオチなのかわかってしまうタイプの映画というものがあって、本作はまさにそれでした。
 サスペンスというほどに派手派手しい展開はなく、ただじわりじわりと日常が侵食されていく。この静かさが逆に不気味ではあるのですが、総じてみれば穏やかすぎるくらいです。

 落としどころとしては大方予想どおりでしたが、そこに少しだけ捻りが加えられていて、この捻りが本作のヒューマンドラマとしての要素をぐっと惹き立ているポイントでもあります。なるほど、そういえばタイトルが『パッセンジャーズ』だもんなぁ、と観終わった後に納得しました。
 しかし作中で伏線として小出しにされている情報量が充分といえない部分もあり、単純な衝撃度はそこまで高くないです。いや、そこまで気にするのはミステリ読みだけかもしれませんが。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析