fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

青柳碧人『判決はCMのあとで ストロベリー・マーキュリー殺人事件』

判決はCMのあとで  ストロベリー・マーキュリー殺人事件判決はCMのあとで ストロベリー・マーキュリー殺人事件
青柳 碧人 usi

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-02-25
売り上げランキング : 416842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
私、謝らないですからね。謝っちゃったら、法律上、こっちの非を認めることになりますから
裁判がテレビ中継されるようになった日本。裁判中継は庶民のエンタテインメントとして定着し、中継から誕生した裁判アイドルグループ“CSB法廷8”は今や、押しも押されもせぬ国民的アイドルとなっていた。そんな中、人気ビジュアル系バンド“ストロベリー・マーキュリー”のメンバー間で起こった殺人事件の裁判が、いよいよ始まろうとしていた。テレビ中継はもちろん、ゲストとしてCSBも参加する、全国民大注目の裁判に、裁判員として参加することになった人材派遣会社の社員・生野悠太だったが――。


 『浜村渚の事件ノート』の青柳碧人によるノンシリーズもののミステリです。本作では裁判がテレビ番組のバラエティ番組と化した世界を描いていて、裁判員がスポンサーの意向で仮装したり、奇特なキャラ付けの弁護士が「本日の蜂室チェック」と称して視聴者に公判のキーポイントを紹介したり、挙句の果てには被害者遺族が自作の曲を披露したり、アイドルの新曲発表の場に使われる。設定も設定なら青柳碧人特有の悪ノリ感も暴走に拍車を掛け、殆ど酷いとしか言いようのないレベルに達しています。
 その悪ふざけにもほどがあるストーリーの中に、現状の裁判員制度への痛烈な批判と風刺を盛り込みつつ、それでも最終的に司法の素晴らしさについて説く。これで本作、なかなか社会派な内容なのです。
 角川のミステリは特に若者向けを意識して書かれているきらいがありますが、そういった読者層に対してムリのない形で問題提起を行うという観点では一定の成功を収めていると思います。

 長編を1本引っ張るだけの謎かと問われると求心力にはやや乏しいし、裁判のテレビ番組化設定が謎解き部分に有機的に作用しているわけでもないため、伏線のさり気なさ等に見るべき点はあれど、本格として物足りなくはあります。そこはまぁ主題が主題なことを考えると仕方ないのかな。
 本格書きのセンスはある作家さんなので、『浜村渚』ばりにトリッキーな謎解きミステリも期待したいところです。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析