積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Archive [2017年01月 ] 記事一覧

エミール・フォーチュン(作)&ティム・マクドナー(画)『スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス スカイウォーカー関連の銀河マップ』

スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス スカイウォーカー関連の銀河マップ高貴 準三 メディアパル 2016-11-21売り上げランキング : 113160Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★★☆世界初公開! ! スター・ウォーズ銀河の数々の最新マップを収録した決定版! ! 銀河全体のマップをはじめ、銀河各地の星間チャートや映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』から『スター・ウォーズ フォースの覚醒』までの映画7作...

青山文平『半席』

半席青山 文平 新潮社 2016-05-20売り上げランキング : 22348Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆若き徒目付の片岡直人に振られたのは、腑に落ちぬ事件にひそむ「真の動機」を探り当てることだった。精勤していた老年の侍がなぜ刃傷沙汰を起こしたのか。歴とした家筋の侍が堪えきれなかった積年の思いとは。語るに語れぬ胸奥の鬱屈を直人が見抜くとき、男たちの「人生始末」が鮮明に照らし出される。 父の代には叶わなかった永々...

アラン・ディーン・フォスター『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウォーズ フォースの覚醒 (講談社文庫)アラン・ディー・フォスター J.J・エイブラムス 講談社 2016-09-15売り上げランキング : 57093Amazonで詳しく見る by G-Tools★★☆☆☆「エンドアの戦い」から約30年の月日が流れ、銀河の平和は帝国の復活を企む「ファースト・オーダー」によって再び脅かされていた。「レジスタンス」のリーダー、レイア・オーガナ将軍は、行方不明の兄、ルーク・スカイウォーカーの居場所を示した地図...

高殿円『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』

シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱 (ハヤカワ文庫JA)高殿 円 早川書房 2016-12-20売り上げランキング : 17427Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆やっぱり、シャーリーは詩人だよ2012年、オリンピック開催に沸くロンドン。怪我で除隊して以来、次の就職先が見つからない女医ジョー・ワトソンに、ベイカー街221bでのフラットシェアの話が舞い込む。だが、シェア相手が特別だった。同居人――シャーリー・ホームズは、頭脳と電脳を駆...

小林泰三『〈TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE 03〉 ウルトラマンF』

ウルトラマンF (TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE)小林泰三 後藤正行(円谷プロダクション) 早川書房 2016-07-07売り上げランキング : 95592Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆世界各国はウルトラマン不在の状況で、迫り来る異星人や怪獣に対抗する戦力の開発を進めていた。日本の科学特捜隊は、ウルトラマンだった男――早田進の身体の秘密を探る調査実験を行っていたが、かつてメフィラス星人によって巨大化させられた富士明子が、実...

明けましておめでとうございます。

皆様、明けましておめでとうございます。昨年は一年を通して数えるほどしか更新せず、申し訳ありません。Twitterを始めたことでブログを放置するケースを他所で何度も見掛けていましたがまさか、自分がそれと同じ状態に陥ってしまうとは。今年こそはスター・ウォーズもミステリ感想も出来うる限りのペースでアップしていこうと考えていますのでまた一年間、どうぞよろしくお願いします。...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析