積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Archive [2015年02月 ] 記事一覧

悲しいニュースふたつ

レナード・ニモイ……。そして同列に語って良いかはわからないけれど、アイドリング!!!が解散。まじか。私が初めて観た「スタートレック」がレナード・ニモイ監督作の『スタートレックIV 故郷への長い道』でした。敢えてこの言葉を贈りたい。長寿と繁栄を。...

周木律『アールダーの方舟』

アールダーの方舟周木 律 新潮社 2014-12-18売り上げランキング : 159578Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★★☆これが、奇跡聖なる山の調査隊を襲う謎の連続死。これは神の怒りか、奇跡の完全犯罪か。「痛みの山」と呼ばれるトルコのアララト山で、ノアの方舟の遺物を探す調査隊に次々と不可解な死が降りかかる。完璧なる記憶力と瞬時の計算力を持ち、語学堪能にして端正なマスク。「神は妄想でしかない」と断言し、「人間とは何な...

相棒 Season 13 第16話「鮎川教授最後の授業・解決篇」

★★★★☆ 捜一とカイト君、米沢さんの活躍で右京さんらが監禁された別宅は特定されるも、時既に遅く。鮎川教授は家政婦である黎子さんの“正統防衛”によって命を絶たれた後だった……ということで、スリリングな事態が後編開始早々に決着してしまうのはいつもの『相棒』クオリティ。そこまでは前座とばかりに、なぜ鮎川教授がそんな行動に出たのか、恋愛関係でもない彼女をどうして教授は自分の下に置きたがったのかという動機部分にフ...

映画『バトル・オブ・アトランティス』

バトル・オブ・アトランティス [DVD]デヴィッド・リマゥイー アルバトロス 2013-11-02売り上げランキング : 77982Amazonで詳しく見る by G-Tools★★☆☆☆異変は、大西洋の海底から始まった。原油層で眠り続けていた“怪獣”の卵が、数億年の眠りから覚めたのだ。この事態を予期していた人類は、人型巨大兵器による防衛作戦“アルマダ計画”を発動。レッドたち3人のパイロットが操る3体の巨大ロボットは、猛威を振るう怪獣に戦いを挑むが…...

岡田秀文『源助悪漢十手』

源助悪漢(わる)十手 (光文社時代小説文庫)岡田 秀文 光文社 2009-03-12売り上げランキング : 549786Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★★☆弱みを握られれば骨までしゃぶられ、些細な借りを作ればいつまでもたかられ――。浅草西仲町の御用聞き、源助の巨体を目にするや、町中の人が逃げ隠れする毎日だ。ところが、ひとたび十手を握ると、謎に満ちた事件をたちまち解決する豪腕ぶり。その特異な能力も、めったによい方に発揮されないの...

ミッシェル・コーギー『スター・ウォーズ 反乱者たち(1) 反乱の口火』

スター・ウォーズ 反乱者たち (1) 反乱の口火 (角川つばさ文庫)ミッシェル・コーギー KADOKAWA/角川書店 2015-02-13売り上げランキング : 2745Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆ためらいの気持ちが生まれたとたん、エズラを動かしていた“力(フォース)”が消えた。そして、エズラは落ちていった。遠い昔、はるか彼方の銀河系で……。宇宙は悪の帝国軍によって、支配されていた。帝国の支配下にある惑星ロザルで、14歳の少年エズラ...

柳広司『ラスト・ワルツ』

ラスト・ワルツ柳 広司 KADOKAWA/角川書店 2015-01-16売り上げランキング : 1150Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆頭の固い陸軍のお偉いさん相手に、結城中佐一人がいくら奮闘したところで、やれることなど高が知れているのかもしれない。スパイは平時においてこそ活躍する存在だ。いったん戦争が始まってしまえば存在意義そのものが失われる……。華族に生まれ、陸軍中将の妻となるが退屈な生活に倦んでいる顕子。米大使館で催さ...

相棒 Season 13 第15話「鮎川教授最後の授業」

★★★★☆ 久々にきました、前後編。しかも和泉聖治×輿水泰弘のオリジナルタッグというだけあって、懐かしのトゲトゲしく偏屈な右京さんが顔を覗かせたりとキャラクター面でも冴えています。 社さんと右京さんの即席コンビ、悦子さんの妊娠&不穏な予感、カイト君とカイトパパの関係の変化など本編の今後を左右しそうな要素もてんこ盛りでしたね。カイト卒業が発表されたいま、最も素直に考えればルートがえっちゃんの難病(?)治療...

相棒 Season 13 第14話「アザミ」

★★★★☆ 平成の話なのにどこか大時代的で浮世離れしたリリカルな世界観、双子の少女の秘密めいた関係――と、「ウルトラ」シリーズを見ていた向きには馴染み深い太田愛ワールド全開なお話でした……が、めちゃくちゃ重いですね。最後の最後で奏が右京さんに感謝の意を伝えたとはいえ、それが彼女の救いになっているかというと決してそんなことはなく、どこまでも冷たく黒い感情に支配された物語でした。 今回は役者陣の演技に特に熱が...

安萬純一『青銅ドラゴンの密室』

青銅ドラゴンの密室 (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)安萬純一 南雲堂 2014-12-17売り上げランキング : 682871Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆百年まえ、できたばかりのあのドラゴンの内部で人が死んだ。それも非常に不思議な殺され方をしたらしいという噂話を聞いたのです。ホルツマイヤー家の敷地内にある青銅のドラゴンの塔。そこに近代建築研究家と称するラグボーンが訪ねてくる。探偵でもあるという彼に当主ゲオ...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析