積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Archive [2013年11月 ] 記事一覧

今年もランキングの季節が~私的 本ミス2014 ベスト5

どうも。中村あきと古野まほろのパクリ騒動があまり嬉しくない はろーすみすです。『ロジック・ロック・フェスティバル』は来年度の対象作ということで後に回していたら、この騒ぎ。まほろファンとしてはあまりことを荒立ててほしくはないし、中村あきと星海社の今後に期待していた身としても、好ましくはないニュースだなぁと。当人たち以上に、どうにも外野が盛り上がっているだけの気もするのですがどちらにしても早いところ沈...

長沢樹『上石神井さよならレボリューション』

上石神井さよならレボリューション長沢 樹 集英社 2013-09-05売り上げランキング : 38960Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★★☆野鳥とフェティシズムと「消失の謎」を捕獲せよ! 成績不振の写真部員設楽洋輔は、眉目秀麗で天才で変態の岡江和馬の勉強指導と引換えに、鳥好きの美少女・愛香の盗撮を請け負う。そんな中、人が不可解に消える事件に巻きこまれ……。 相沢沙呼と並んでいまや学園ミステリ業界の二大フェチ作家としての地位...

ウルトラマンギンガ 第8話「奪われたギンガスパーク」

 おっもしろかったー! 暗躍するナックル星人に対抗する友也たち+かっきー、そして前回のダークライバー(?)である元ボクサー。ピンチのヒカルを前にして、いままで守られてきた美鈴が今度は自分が助ける番だと決意し、その想いに応えるかのように現れるギンガスパークのダミー版。 レッドキングへのライブは勿論、現存するスーツからの選択なのだけど、なぜ美鈴がレッドキングを選んだのかに作中できちんとした理由を明示して...

相棒 Season 12 第6話「右京の腕時計」

★★★★☆ 気がつけばあなた先週の『相棒』です。「右京のスーツ」に続く「右京の~」シリーズ第2弾! 200話以上あるので無理な話かもですが、もうちょっとタイトルに差別化を図ってほしいですね。先週の「エントリシート」とか手抜きすぎでしょう。まあ、「殺人エントリーシート」とか「殺人腕時計」にならないだけマシですがw 第4話と同じく今回もいわゆる職人ものではあるけれど、どちらかといえば事件の構造そのものに力が入れら...

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ Season 3 第5話~第6話

 アソーカ、マンダロアの学校の特別講師になる。優雅で華美な見た目とは裏腹に、腐敗と困窮に喘ぐマンダロア社会。邦訳されていない作品についてはいまいちわからないのですけれど、元々の傭兵文化に基づいたマンダロア社会をサティーン公爵らの台頭によって無理やり平和至上主義に持っていったことがすべての原因になっているように思うんですよね。 パドメを出迎えるパレードにしても、外交的な意図は別にしろ、本当に経済危機...

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ Season 3 第4話「惑星封鎖を解き放て」

 Season 3 Vol.1 に収録されている最後の一本は、パパノイダ男爵の娘が誘拐されるエピソード。パントランの書記長にスポットが当たるということは当然、われらがチューチーたんもメインで活躍します。 リヨ・チューチー議員といえばスター・ウォーズ界でも1、2を争う美少女キャラですからね。KOTOBUKIYA BISHOUJOスタチューでジェイナ、マラに続いてフィギュア化されるのは、このチューチー議員なんじゃないかと密かに睨んでいた...

石崎幸二『皇帝の新しい服』

皇帝の新しい服 (講談社ノベルス)石崎 幸二 講談社 2012-12-06売り上げランキング : 88764Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆石崎さんだっていつまでも、ミステリィ小説読んで、『結局叙述トリックかよ』とか不貞腐れていられないでしょ瀬戸内海の島に代々伝わる、名門美蔵家・婿取りの儀式。櫻藍女子学院高校ミステリィ研究会・お騒がせトリオのミリア、ユリ、仁美は美味しい海の幸に目がくらんで、サラリーマン兼ミス研特別顧...

嶋戸悠祐『セカンドタウン』

セカンドタウン (講談社ノベルス)嶋戸 悠祐 講談社 2013-08-07売り上げランキング : 582842Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆お前を含め、この世界そのものが〈ソニー・ビーン〉だ。洞窟の外は〈外界〉だ高い塀に囲まれた町、セカンドタウン。その郊外にある井戸から、高校教師の中山が救出された。井戸の底での恐怖体験を教え子の戸丸に語った彼は、病院の屋上から飛び降り命を絶つ。中山が遭遇したという異形の男。町の治安を...

ウルトラマンギンガ 第7話「閉ざされた世界」

 『ウルトラマンギンガ』の後半戦がいよいよスタート――って、何ですのんコレ? 全体のうちの半分は総集編な上、残りの10分間はドラマらしいドラマもなくとことんふざけたプロレス風の前衛的ギャグ演出。いやさぁ、ただでさえ分割1クールしかないのに、こんな総集編で時間を無駄にする意味がわからない。挙句、必殺技紹介までご丁寧に入れてくれちゃって。 それは3週間ほど前に特集しただろうに本編の尺を費やしてまでやることじ...

瀬名織江『哲学探偵ベルクソンの事件簿』

哲学探偵ベルクソンの事件簿瀬名 織江 彩流社 2013-04-18売り上げランキング : 649862Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆ただし、最も肝心なのは、新たな考え方ができるようになった気がするという、その経験です。おそらくは、その喜びだけでも、エラン・ヴィタール(生命の躍動)を体験していることになるでしょう舞台は20世紀初頭のパリ……。次々に起こる殺人事件に、フランスが誇る天才哲学者、ベルクソンが挑む。最初に読者...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析