積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Archive [2013年07月 ] 記事一覧

ウルトラマンギンガ 第4話「アイドルはラゴン」

 今週は千草回、そして前半のターニングポイントとしてジャンキラーが本格参戦。先週に引き続いて原口監督担当回ですが、カメラは揺れるわ、効果音は騒がしいわ、顔のアップが多いわ、美鈴の写真のシーンが長いわで全体にうるさいというか疲れます。前回は脚本もアレだったので誤魔化されていたけれど、原口監督は素材の調理が下手なんじゃなかろうか。 せっかく内容の方で持ち直しても、この撮り方じゃあ視聴者を振るいに掛け過...

『愛の徴』がノベルス落ち?

5月の末に発売された第48回メフィスト賞受賞作、近本洋一『愛の徴 天国の方角』が早くもノベルス化されるという驚愕の噂が入ってきました。いつもの如く講談社のサイトは更新が遅いので事実かどうか不明なのですがネット書店では8月の講談社ノベルスのラインナップの一冊として扱われ、1617円/608ページと具体的な情報まで掲載されています。大ボリュームすぎて思ったよりも売れなかったのか、それともノベルスの方が売れると踏ん...

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』公開迫る!

「スタートレック」映画最新作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の公開まで1ヶ月を切りました。映画雑誌の記事や連日のテレビ番組での特集、さらにはベネディクト・カンバーバッチを迎えてのジャパンプレミアが行われるなど、「スタートレック」界隈の話題がこと欠かない日々が続いています。『スタートレック エンタープライズ』のロミュラン戦争編を残しての打ち切りという奈落の底からよくぞまぁここまで盛り返したも...

高林さわ『バイリンガル』

バイリンガル高林 さわ 光文社 2013-05-18売り上げランキング : 533080Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★★★そんなわけで、帰国当初の一年半はともかく、この十七年間、息子もわたしもおおむね順調に過ごしてきた。まさか、これだけの年月のあとで、ニーナ・ティーツが現れるなんて、夢にも思っていなかった。アメリカの大学都市で30年前に起きた母娘誘拐事件―。複数の死亡者を出した凄惨な事件で生き残ったのは、当時3歳の少女・...

霞流一『落日のコンドル』

落日のコンドル (ミステリワールド)霞 流一 早川書房 2013-04-24売り上げランキング : 558617Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆プロの暗殺者〈影ジェント〉瀬見塚は豪華客船のオーナーを暗殺するため洋上の船に潜入した。船員はみな薬物で眠らせたはずだったが、なぜか暗殺チームの一人が殺される。しかも船は自動操縦で数時間後に座礁の危機。暗殺任務に加え、どこからともなく飛来したコンドル三兄弟の襲撃をかわし、仲間殺し...

ウルトラマンギンガ 第3話「双頭の火炎獣」

 『ウルトラマンギンガ ソング&ミュージック』に収録されている「ウルトラマンギンガの歌」が、改めて素晴らしすぎる。ギンガ初お披露目の予告編から掛かっていた印象的なBGM「ウルトラマンギンガのテーマ」に最近の「ウルトラシリーズ」にゆかりの人々が歌を付けた曲なのですが、これがもうイントロから鳥肌モノの恰好良さ! 大人数による畳み掛けるような疾走感といい、神々しさを感じさせるコーラスといい、こういったタイプ...

わかってはいたけど

うちのブログは基本的にミステリと映画の感想、その他ちょっとした趣味の話題が中心なので極力こういった話題は取り上げないようにしているのですが、参院選ねー。開票始まってまだ50分なんですけどね。日本終わったわ。政治に興味がないから投票に行かないとか、目先の経済政策がどうのとかねじれ解消で国会正常化とかさ、そういうレベルの問題じゃないでしょ、今回の選挙って。言論統制、思想の束縛、憲法改正、軍国主義化、それ...

ナツイチ 2013 (夏の100冊 集英社編)

夏の100冊、最後の砦は集英社文庫のナツイチです。集英社では毎年イメージキャラクターに芸能人を起用してきましたが、今年はAKB48の各メンバーがそれぞれナツイチ対象作を1冊読み、感想文を公開するという連動企画。それに伴い、キャンペーン景品もAKB仕様4種、ハチくん仕様4種のブックカバー全8種になっています。ナツイチでブックカバーをプレゼントにするのはたぶんこれが初めてかな。やっぱり夏の100冊といえばブックカバーで...

発見!角川文庫 2013 (夏の100冊 角川編)

夏の100冊フェア特集、2日目は角川文庫です。角川文庫では今年も対象作品1冊購入につき1個、ハッケンくんストラップをプレゼント。さらに今年は、ご当地キャラとコラボしたプレゼント企画も実施されます。このあたりの流行を巧みに取り入れてくる感じが何とも角川らしい戦略です。バリィさん、かわゆすなぁ。さて、肝心のハッケンくんストラップですが、ミステリ読みとして犬神家Ver.は押さえておきたいところでしょう。デザイン的...

新潮文庫の100冊 2013 (夏の100冊 新潮編)

今日から3日間は、毎年恒例、夏の文庫フェアについて書いていこうと思います。まず一番手はこの手の企画では大御所(?)の新潮文庫。毎年Yonda?君をフィーチャーしてきた新潮文庫ですが、今年は「あなたの一行に出会おう」をテーマに、大幅な企画リニューアルを行いました。まさかのYonda?君のフェードアウトは大事件ですよ!ここのところの状況を見るに、あんまり好調じゃなかったのかなぁ。心なしか、ラインナップに名作・文学...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析