積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Archive [2013年02月 ] 記事一覧

『水木しげる漫画大全集』とな……!?

本日、講談社ノベルスのサイトを覗いてみたら右横のTweeter画面に何とも目の引く情報が載っているじゃありませんか!水木しげる漫画大全集(講談社コミックプラス)これまで当ブログではあまり触れてこなかったのですが実は、わが人生において『ゲゲゲの鬼太郎』はあまりにも大きな影響を受けた作品だったりします。幼稚園児の頃に『ゲゲゲの鬼太郎(第三期)』の再放送を初めて観て、小学生の頃には第四期をリアルタイムで視聴し...

相棒 Season 11 第17話「ビリー」

★★★★★独身で無職の男性・尾藤の他殺体が発見された。尾藤は財布とは別に「東京明和銀行」の封筒に入った現金100万円を所持。なぜ、そんな大金を持っていたのか? 犯人の目的は金ではなさそうだが……。捜査の過程で、尾藤がネットの交流サイトFacegoodで複数の携帯電話を使い、「ビリー・ヘンリー」などの名前で複数の外国人になりすましていたことがわかる。その相手である「フレンドリスト」は非表示になっており、見るにはIDとパ...

中山七里『おやすみラフマニノフ』

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)中山 七里 宝島社 2011-09-06売り上げランキング : 53202Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆秋の演奏会を控え、第一ヴァイオリンの主席奏者である音大生の晶は初音とともに、プロへの切符をつかむために練習に励む。しかし完全密室で保管される、時価2億円のチェロ、ストラディバリウスが盗まれた。彼らの身にも不可解な事件が次々と起こり……。ラフマニノフの名曲とともに明かされる驚愕の真...

ネオ・ウルトラQ 第7話「鉄の貝」

 冒頭の入り、海中から意味深に砂浜に乗り上げてくるカメラワークがいかにも怪獣映画ちっくで、否が応にも期待値が上がります。事実、これまでの7話の中では最も怪獣成分の高い、「ウルトラシリーズ」らしさのある一篇でした。 そうはいっても、そんなところにも風刺を交ぜてくるのが『ネオ・ウルトラQ』。大量発生したガストロポッドと火山帯の因果関係がわからぬまま、声の大きな学者に流される形でとんとん拍子に駆除が決まっ...

石崎幸二『袋綴じ事件』

袋綴じ事件 (講談社ノベルス)石崎 幸二 講談社 2002-06売り上げランキング : 195258Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★☆☆でも石崎さんのことだから、『もしも彼女ができたら、夜浜辺を散歩するのが夢なんだ』とか、もてない予備校生みたいなこと考えてるかもよ孤島に隠棲する才能ある研究者が、自慢の施錠システムの中で襲われた。「嵐の山荘」状態で人間の出入りはなし。荒らされた室内で何が起こったか。事件の鍵は石崎が持ち込...

石崎幸二『長く短い呪文』

長く短い呪文 (講談社ノベルス)石崎 幸二 講談社 2001-09売り上げランキング : 193096Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★★☆自分にかけられた呪いを解くため少女が帰った先は、その一族だけが住む孤島。かつて姉を交通事故に追いやり、今度は妹の双子にまで伸びる魔手の正体とは?「ミリア&ユリ」シリーズ 第3作。 前作で登場したまみちゃんの友人が、自らに掛けられた「呪い」を解くと言って故郷の島に戻ったことに端を発する脅...

相棒 Season 11 第16話「シンデレラの靴」

★★★★☆アポロン電機陸上部の監督・高木が自宅で血まみれの遺体で発見された。事件の前日、享が偶然スポーツクラブで同陸上部の次期監督候補になっていた、マラソンの元銀メダリストである桂馬麗子を見かけていたことから、右京は享とともに事件に首を突っ込むことに……。捜査一課の伊丹らに煙たがられながらも、右京らは現場を物色し冷凍庫の取っ手の指紋が消されていることに疑問を抱く。 ゲストは中山忍。水曜9時の刑事ドラマ枠で...

『相棒』劇場版 第5作&Season 12 制作確定

どうも。ここ何週間か悩ませてくれたiPodの不調はどうやらUSBケーブルの方に問題があったらしくケーブルが断線していたから充電が溜まらないし、何度PCに繋いでも「問題のあるiPodが検出されました」と出てくる。ビックカメラで580円のケーブルを買ってきたらあまりにも簡単に直ったので些か拍子抜けですらありました。というわけで『ラブライブ!』の挿入歌「START:DASH!!」を絶賛ヘビロテ中です。アニメで一聴して惚れた曲です...

初野晴『カマラとアマラの丘』

カマラとアマラの丘初野 晴 講談社 2012-09-27売り上げランキング : 268756Amazonで詳しく見る by G-Tools★★★★☆十七世紀にデカルトという哲学者の「動物機械論」によって、動物から心や魂が排除された。言葉を持たない動物は、どんなに鳴いたり、呻いたりしても、なにも感じない。その結果、生きた動物を使ったさまざまな実験をすることが可能になった。廃墟となった遊園地、ここは秘密の動物霊園。奇妙な名前の丘にいわくつきの...

ネオ・ウルトラQ 第6話「もっとも臭い島」

 ようやっと、全「ウルトラ」ファン待望の巨大怪獣モノ。といっても身長が8メートルと『ウルトラマン』に登場する怪獣たちよりも随分と小さめに設定されているのが人間主体の『ウルトラQ』らしいです。確かオリジナル版のゴメスが10メートルでしたよね。仮にセーデガンが後々「ウルトラマン」の方に輸入されることになれば、セーデガン(S)となりそうです。 無人島に漂着した優希がそこで出逢ったのは、醜悪な見た目で悪臭を放...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析