積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

アラン・ディーン・フォスター『侵略の惑星』

侵略の惑星 (1978年)侵略の惑星 (1978年)
アラン・ディーン・フォスター 小倉 多加志

サンリオ 1978-07
売り上げランキング : 1008963

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
惑星要塞は爆発し、悪の化身ダース・ヴェイダーは宇宙の果てに消えた……。自由を守る同盟軍拡大のためキルカルポスⅣに向かったレイア姫とルークたちは魔境惑星に不時着した。だが、そこでダース・ヴェイダーは生きていた!危機また危機!遥かなる銀河系でスター・ウォーズはつづく!


 未開の惑星、ミンバンに降り立ったルークとレイアが不思議な力を秘めた巨大なクリスタルを探すため帝国の追っ手を躱しつつジャングルを横断する冒険色の強い1作。数ある「スター・ウォーズ」小説の中でも最も初期である『EP5』公開以前に書かれ、“スター・ウォーズ2”の惹句を冠したスピンオフ第1号です。
 出版が「スター・ウォーズ」映画に続編が作られるかどうかまだ不明瞭だった1978年なこともあって、本書は日本のスピンオフ市場では出回っている数はぶっちぎりに少なく、オークションなどで見掛けはするものの市場価格は基本的に1冊7000円くらいというEU小説の中でもプレ値が付いていることで知られる電撃文庫の『バクタ大戦』と双璧を成すレア物です。かく言う私も帯付きの美品とはいえ定価の4倍で入手しました(現在の物価に換算すると2倍程度ですがそれでもお高い!)。
 そんな段階で発表された作品なため後年のレジェンズに照らし合わせると少なからず齟齬が生じている点も存在し、本国では主にヴェイダー関連の描写を中心に修正した改訂版も刊行されています。
 訳文も現代の感覚からすると相当に古く、ルークが“百姓ッ子”を自称しレイアに対して常に敬語で接していたり、レイアが“なっちまう”といった蓮っ葉な喋り方だったりいちいち時代掛かっているのはなかなかに違和感を覚えました。X型翼艇=Xウイング、死星=デス・スター、力場=フォースあたりの堅い字面はSFらしさを演出していて存外嫌いではありません。突撃隊員=ストームトルーパーにははじめ気付きませんでしたが。
 ただしそうした年代故の表現の違いはさて措いて、誤字・脱字は平常運転、本の顔たる帯から盛大に星の名前を間違っていたり全体にやっつけ仕事なのは頂けない。本の内容と何ら関係ない部分なんだから校正はちゃんと仕事しろ。

 キルカルポスの反帝国勢力を味方に引き入れるための会議に向かう途中、トラブルに見舞われたレイアとルークは密林惑星ミンバンへと不時着します。機体を失い、惑星からの脱出を目指すふたりはそこで帝国が何やら掘削しているらしいことを知り――というのが本書の導入部。ひょんなことから牢に入れられてしまったルークらはそこで出逢った巨体の原住種族ユッツェムと共に脱獄を敢行し、フォースに長けた謎の老婆ハラの導きで絶大な力を秘めた“カイブール”を帝国に先んじて奪取すべくジャングルの奥地へと足を踏み入れます。
 『EP4』がヒットした際に製作する続編の叩き台としての側面もあった事情から本作ではお金の掛かりそうなスペースオペラ路線から一転、ヤヴィン4やダゴバを彷彿とさせるジャングル惑星での逃亡劇と探検をメインにした低予算臭溢れるストーリーで、ルーカス的には『インディ・ジョーンズ』に近しいテイストといったふうでしょうか。主人公チームが広大な地表を旅する中で現地人と宴を開いたりして交流するプロットは後に同作者の手掛ける『崩壊の序曲』とも似通っていて、抽斗の少なさを露呈している感も。
 事実、同じくアラン・ディーン・フォスターによる『EP7』ノベライズも読み物的にはイマイチだったので、作家としての力量はそれほど高い方ではないでしょう。

 レイアがことさらプライド高く、帝国兵を欺く目的とはいえルークに屈辱的な仕打ちを受けたことをやり返さずにいられず、最終的に取っ組み合いの喧嘩となって見つかってしまうのは何ともはや。このレイア、相当性格悪いです。反面、帝国側のキャラクターは魅力的でミンバンの基地を仕切るグランメル執政官は洞察力もあり残忍なれど、長い付き合いの医務のおばちゃんに頭が上がらず無理のない程度のお願いなら聞いてあげるチャーミングな一面も持ってます。
 というかそもそもルークらが投獄されたのも鉱夫同士で争ってはならないという至極真っ当なルールを破って周りの静止も聞かずに大騒ぎしたからで完全に自業自得なんですよね……。帝国はまったく悪くない!
 また、本作はルークとの初対決を果たしたヴェイダーが絶命の直前レイアに向けて「愛している」と告解することでも有名で、この描写も新三部作を経た視点からすると男女の愛ではなく、レイアを娘と知っていての親子愛と捉えることもでき、些かの唐突感はあるにせよあながちおかしいものでもなかったりするのが面白いところです。
 ヴェイダーの落命にしても『EP5』以降にも登場する都合から当然、後に設定変更が為されているとはいえ、死亡シーン自体が明確に描かれているわけではないのでこちらもセーフ。槍玉に挙げられる箇所もさほど気にはなりませんでした。

 ちなみに物語の鍵を握るカイブールは言うまでもなく、現在ではカイバー・クリスタルと訳されているライトセーバーの光刃を出力するのに欠かすことのできないエネルギー源のことです。旧レジェンズでは様々な種類のクリスタルが用いられていたライトセーバーですがカノン移行後は一貫してカイバーのみがその源とされており、フォース感応者と絆を結ぶなる新設定で物議を醸した『Ahsoka』やデス・スター建造計画を描いたスピンオフ映画の『ローグ・ワン』、その前日譚『カタリスト』など知る人ぞ知るマニアな設定から映像作品における基礎知識への進出と、近年どんどんその重みを増しています。
 そうした現行作品の核となる部分が『EP4』公開直後のこの段階で既に登場している事実は驚きではありますが、『EP7』の媚びすぎなくらいに旧三部作オマージュを取り入れていること、新作映画やアニメシリーズでラルフ・マクウォーリーの描いたコンセプトアートが数多く流用されていること、『EP7』のノベライズに他の誰でもない本作の著者であり『EP4』でノベライズを担当したアラン・ディーン・フォスターに任せていることから鑑みるに、むしろその逆で『スター・ウォーズ』の原点に立ち返っているからこそフィーチャーされているとも考えられます。
 レジェンズ区分においてはさほど重要とは言い難い作品でしたが、「SW」の世界観が一度仕切り直されたいま、改めて読んでみると原典志向のカノンのオリジンとなるあれこれを発見する楽しみもあり、新たな映画シリーズが始動した現在だからこそ手に取ってみる価値の出てきた作品かもしれません。まあ、数千円の出費に見合う内容かと問われれば否ですが。


スポンサーサイト

詠坂雄二『T島事件 絶海の孤島でなぜ六人は死亡したのか』

T島事件 絶海の孤島でなぜ六人は死亡したのかT島事件 絶海の孤島でなぜ六人は死亡したのか
詠坂 雄二

光文社 2017-07-19
売り上げランキング : 265007

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
月島前線企画に持ち込まれた、既解決事件。孤島に渡った六人が全員死体で発見されたが、当人たちによって撮影された渡島から全員死亡までの克明な録画テープが残っていた。何が起こったかはほぼ明確だ。警察はすでに手を引いている。ところが、依頼人は不満のようだ。真実が映っていなかったのか、あるいは嘘が映されていたのか――。目を眩ませる膨大な記録と、悲喜劇的な顛末。事件の背景に浮かび上がる、意外な真相とは!?

「月島凪」シリーズ 第8作。
 フェイクドキュメンタリー企画のロケハンで無人島を訪れたスタッフ6人全員が命を落とした事件を、遺されたビデオを元に改めて検証し直すミステリ。名探偵、月島凪擁する月島前線企画に持ち込まれた事件を作家である詠坂雄二が小説に仕立てたという体の作品で、 撮影補助の青年が映したカメラ映像に寄った過去パートと月島前企でそれを眺めて討議する現在パートとの2視点が交互に語られます。
 本作の特徴は手持ちカメラによるいわゆるPOV形式で事件を追い、上陸から最後の死者が出るまでの一部始終が記録されたホラー映画のようなつくりです。ホラー映画界隈では1999年の『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』ヒット以降、大のPOVブームが到来し『クローバーフィールド』など歴史に名を刻む衝撃的な作品を生む一方、あからさまな低予算を誤魔化す手法としてまさに玉石混交、ハイクオリティなものからどうしようもないレベルまで数多の映画が送り出され、昨今ではそうした状況から一周回って壮絶な地雷原となりつつあります。

 そんな“一市民の視点”に寄り沿ったホラー映画的演出を本格ミステリに持ち込んだらどうなるのか?といった試みであるのですが、視覚に囚われない活字上においてビジュアル効果は無いに等しく、結果から述べると何ら意味を成していません。そもそも映像媒体における劇中人物と観客の視点の同一化を本でやろうとすれば一人称小説になるわけで、むしろ当然のように用いられている手法なのです。そこに気付かなかった時点で盛大にミソがついていると言わざるを得ません。
 登場人物をして地味な事件、がっかり感の強いと言わしめる真相も端的にいってイマイチです。そうした不完全燃焼な解決を真相そのままに「補遺」において後から補填していくことで強固な推理へと固めていく点は一見ロジカルな充足感があるものの、冷静になって振り返ると第一の解決で行われた解決が敢えて雑に行われたにすぎず、ぶっちゃけてしまうとしょっぱい事件の全容を推理のやりようによってなんとなくで満足度を底上げし、フィニッシング・ストロークでドローにまで持ち込んでくるのは小憎らしいと言いますか、小狡いと言うべきか。実に省エネな作品です。


山口雅也『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』

落語魅捨理全集 坊主の愉しみ落語魅捨理全集 坊主の愉しみ
山口 雅也

講談社 2017-05-11
売り上げランキング : 337726

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
骨董好きの道楽坊主・無門道絡と巡る江戸。「猫の皿」「品川心中」「時そば」「あたま山」「花見の仇討」「そば清」「粗忽の使者」「らくだ」「田能久」などなど。名作古典落語をベースに当代一の謎(リドル)マスター山口雅也が描く、愉快痛快奇天烈な江戸噺七編を収録。


 金に目がない生臭坊主、道絡を主人公に迎え古典落語を下敷きに謎解きの要素を加えて翻案した連作ミステリ。ミステリ作家にも愛好者が多く、もはや青春ミステリや館もの等にも並ぶ一ジャンルを築いているだけにそのパターンもそれぞれで、ひと口に落語を扱ったミステリといっても噺家自身が謎を抱えているタイプ、日常の謎の絵解きでモチーフとして用いられるもの、はたまた落語の登場人物が活躍する物語など千差万別です。本作は地の文からして噺家の語り口調であり、前口上からメタネタ、パロディ入り乱れるまさしく落語そのものを文字に起こした体で全篇が綴られているのは一連の落語ミステリにおいてもかなり珍しい部類ではないでしょうか。

 そんなつくりであるが故に、本作はまず何よりも落語であることが重視され、いわゆる本格ミステリ的なロジックに満ちた謎と解決を期待して読むと少なからず面喰らいます。最後まで読んでもどれが謎なのかはっきりしない話もある上に、相当にぶっ飛んだ非現実的でファンタジックなオチが殆どです。リアリティなどクソ食らえ、言葉遊びと屁理屈が何よりも優先される落語世界の論理で筋が通っていればそれはアリなのです。現実の理を捨てるからこそ魅せられる時に珍妙で時に得心のいく結末が生むおかしさはカミ『ルーフォック・オルメスの冒険』に近しいかもしれません。
 ともあれ1本の落語として“如何に上手いことを言うか”――そこに注力しどれだけ効果的に見せるかを追求した結果、作中の記述や設定を伏線として利用するアプローチはミステリというスタイルとの親和性も高く、特に「そこつの死者は影法師」は小ネタと語感がピタリと嵌って思わず「そう来たか!」と膝を打ちました。


村上暢『ホテル・カリフォルニアの殺人』

ホテル・カリフォルニアの殺人 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)ホテル・カリフォルニアの殺人 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
村上 暢

宝島社 2017-08-04
売り上げランキング : 18592

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
あの特別な部屋、そして豪奢な衣装……それを手に入れるために、女たちはみんな必死なんですよ
ロックの本場の空気を感じるため渡米した日本人ミュージシャン・トミーこと富井仁と、気ままに旅するアフリカ系アメリカ人のジミー。ルート66を西へと進む途中で、限られた人間のみが存在を知る「ホテル・カリフォルニア」に迷い込んだ二人は殺人事件に巻き込まれる。連夜のパーティで歌を披露する歌姫の一人が、密室で喉に短剣を突き立てられた状態で発見されたのだ。音楽に関する知識で事件解決に乗り出すトミーだが、やがて不可思議な状況下で二人目の犠牲者が――。果たして犯人は? 方法は? そしてその目的は?


 広大な砂漠で遭難の末、多くの歌姫たちがトップの座を争う高級ホテルに辿り着いたミュージシャンの日本人とその相棒が連続殺人の渦中に巻き込まれる館ミステリ。
 このミステリーがすごい!大賞15周年を記念して、歴代投稿作の中から拾い上げられた“超隠し玉”として刊行された一作で「このミス大賞史上初の直球本格ミステリ」の宣伝文句どおり、地理的要件によるクローズド・サークル内にて惨劇の嵐が幕開ける極めてオーソドックスな作風です。見取り図は勿論、風変わりな設計、密室、物理トリックととことん王道な舞台立ては2010年代の現在からするとどこか古めかしくもあり、時代がかったセリフ回しやキャラクターも懐かしの新本格を思わせます。図らずも新本格30周年のタイミングでこのような作品を送り出すことになったのは偶然か。

 各章のタイトルにはイーグルスの曲名が冠され、トミーが音楽の知識を用いて解決していくことがウリとされているものの、古今東西の蘊蓄が物を言う音楽ミステリと呼べる域には至っておらず、肝心のトリックそのものも逐一“音”を鍵にしているとはいえ、わりとよくあるネタから脱していないのは痛いところでしょう。多くの人が一度は耳にしたことのあるようなネタが散見され、作者ならではの視点や専門性に欠いた物足らないものになっています。館ミステリには珍しい砂漠のど真ん中という立地がまるで謎解きに活かされていないのも残念でした。
 加えてフーダニットにも大きな問題があります。そもそも本作ではホテルにどんな人物がどれだけ宿泊し、従業員が何人滞在しているのかがまったくわからず仕舞いのまま、ただ何となく作者の想定する漠然とした犯人候補の中から怪しい人物をピックアップしているに過ぎず、具体的に誰にどんな知識があって犯行が可能か不可能なのかの消去法が成立していないのです。検討されないといって良い。
 そのため、最後まで読んでも結局ホテルには何人泊まっていたのか把握できず、犯行時間に歌姫たちがステージ上にいたと言われても他の客への言及がないので読んでいる最中は「いったい誰を相手に?」と状況が飲み込めませんでした。大体からして名前のないモブの歌姫を20人近く抱えているにも関わらず個々人への聴取が描かれないのだから適切に絞り切れるわけがありません。

 作中にてホテルが砂漠の中に存在する都合上陸路での往来はほぼ不可能との理由から早々に否定される外部との行き来の可能性にしても、宿泊客は基本的に自家用ヘリを使い空路でやってくるという説明に基づけば各宿泊客の所有するヘリの台数やそれらを使用できる状況にあったのかどうかをまず考慮すべきで、実際ラストで多くの人間がそうしたヘリに乗り込む描写があるのだから推理の過程でそこにツッコミが入らないのはツメが甘いです。
 トリック、謎解き共に館ミステリとしては平凡な内容で、地雷とまでは言わなくともこのミス大賞の隠し玉(=落選作)であることを鑑みると、まあこんなものでしょうか。


獅子宮敏彦『上海殺人人形』

上海殺人人形 (ミステリー・リーグ)上海殺人人形 (ミステリー・リーグ)
獅子宮 敏彦

原書房 2017-04-21
売り上げランキング : 707266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
1920年代の国際都市、上海。様々な勢力が暗躍する魔都で起こる連続不可能犯罪事件。現場に残されたカード、密室状況……。しかしそれが解かれても、真犯人・上海デスドールの姿はとらえきれないでいた。


 上海の闇に跳梁する暗殺者・上海デスドールによる奇怪な殺人の数々を、冴えない新部記者が追う連作ミステリ。
 獅子宮敏彦のおよそ3年ぶりとなる新作は世界情勢がキナ臭くなる前夜の上海を舞台にアクロバティックでバカミス上等なトリックがこれでもかと炸裂する、作者の持ち味全開な1作です。高級ナイトクラブの人気No.1にして上海の夜に咲く“ピュアドール”の異名を持つヒロイン、犯行現場に常にカードを残し演出過剰なまでに不可能犯罪を徹底する殺人者と大時代的な雰囲気づくりもミステリー・リーグらしさに溢れています。
 かつてノックスの十戒では「中国人を登場させてはならない」というルールが提唱されました。これは当時のイギリス人にとって中国は未知なる文化圏であり、東洋の神秘が何でもありを可能にする方便に使うことへの警句であったことから、国際理解が進んだ現代においてはいわゆるネタ扱いをされることが少なくありません。ところが本作では1920年代の上海という魔都が漂わせる何とも言えない胡散臭さ、得体の知れなさが荒唐無稽で開いた口の塞がらないようなトリックを“破天荒で実現性皆無なファンタジー”から現実的なラインにまで引き下げる役割を果たしていて“この舞台設定ならアリかもしれない”と思わせてくれます。中国人だからこそ、このミステリが成り立っているのです。

 愉快犯じみた暗殺者が敢えて不可能性の高い犯罪に挑み、装飾過多な演出を行う理由付け、行動の矛盾を炙り出して指摘していく点などロジック部分も悪くなく、ミステリにおけるツッコミや命題をクリアしていく問題意識の高さも感じられますが、フーダニットは完全に捨ててしまっているのがやはり瑕でしょう。推理の過程で読者を振り回そうとも、最後にはあらすじを聞いた段階で誰もが想像した場所に何の衒いもなく着地してしまうため、すべての意外性を殺しています。
 結果、見どころがなかったわけではないにせよ予定調和な凡作――犯人がわかりやすすぎているぶん下手をすればそれ未満、といった評価に収まってしまったような。終わり良ければすべて良しとはよく言ったものです。終わり方、大事です。


ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析